整体・骨盤ジャーナル

眼精疲労は自律神経の乱れが原因? ケアする方法はあるの?

眼精疲労は自律神経の乱れが原因? ケアする方法はあるの?
眼精疲労という言葉を聞いたことがある人は多いかと思います。では、疲れ目や眼疲労とはどう違うのかご存知でしょうか。眼精疲労は自律神経と深く関わっていて、それによりで目の疲れがずっと取れなかったり、頭痛などの症状を引き起したりすると考えられています。眼精疲労と自律神経の関係、そしてケア方法などを紹介します。

 

眼精疲労とは?

眼精疲労とは目を使う作業をしていると出る、様々な症状のことです。具体的には、目の痛みやかすみ、まぶしさ、充血などの目に関する症状のほか、頭痛や肩こり、吐き気などの全身症状、さらに、休息や睡眠をとっても症状が回復しないなどの状態を言います。同じように目が疲れても、睡眠などをとれば回復する「疲れ目」や「眼疲労」とは医学的に区別されています。

眼精疲労は目を疲れさせる行動を改めるか、環境を変えるなどの処置をしなければ、原則的に自然治癒せず、むしろ、放置していると悪化していくケースも少なくありません。ときには背後に緑内障や白内障などの病気が潜んでいることもあるので、自分が眼精疲労かもしれないと思ったときは早めに病院に足を運んで、医師の診断を受けるようにしてください。

 

眼精疲労は自律神経の乱れが原因?

眼精疲労の多くは、度の合っていないメガネやコンタクトレンズの使用や、パソコンやスマホの使い過ぎなどが要因となって引き起こされると言われています。では、それが慢性化したり全身症状が出たりするのはなぜなのでしょうか。その理由は目と自律神経の関係を知ることで理解できます。

眼球の中にはレンズの役割を果たす水晶体があり、水晶体の周囲には毛様体筋という筋肉があります。この筋肉が伸び縮みしてピントを調節しているのですが、毛様体筋をコントロールしているのは自律神経です。そのため目を酷使し続けて毛様体筋が疲れると、毛様体筋をコントロールしている自律神経のバランスにも影響が及ぶと考えられます。また、逆に自律神経の乱れが眼精疲労を招くこともあるようです。

自律神経の乱れが、さまざまな心身の不調につながることはよく知られています。そして毛様体筋と自律神経以外にも、目(視神経)と脳(視覚野)は密接につながっているとされています。目の疲れは脳の疲れを引き起こし、このことが目の不具合の慢性化や、頭痛や吐き気などの症状をもたらす原因になる可能性があると考えられます。

 

眼精疲労を招かないためにすべきこと

疲れ目が眼精疲労へと移行してしまわないようにするには、普段の生活の中で目の疲れを持続させないよう配慮をし、目をいたわる必要があります。今日からできることを挙げてみましょう。

パソコンやスマホの画面を暗めに設定する

パソコンやスマホの画面が発する過剰な光は目の疲れを加速させます。周囲の照明とのコントラストが大きいのも問題です。大抵は画面が明る過ぎる設定になっているので、暗めに調整してみましょう。白紙のコピー用紙と並べて見比べてみて、明るさが同程度になるように調整すると目にかかる負担も軽減されるでしょう。

遠くを見たり、近くを見たりを繰り返す

パソコン作業などで一定距離にあるものを見続けていると毛様体筋が緊張しっぱなしになり、やがて凝り固まっていきます。目が疲れてきたと感じたら、遠くを見たり近くを見たりを繰り返して意識的にピント調節をして毛様体筋を動かしましょう。遠くを見ると毛様体筋はゆるむので、目のリフレッシュにつながります。

朝~昼に太陽の光を浴びる

自律神経のバランスを整えることも疲れ目をやわらげる効果が期待できます。朝~昼の間に太陽光を浴びると「幸せホルモン」とも呼ばれるセロトニンという神経伝達物質が分泌されます。セロトニンは睡眠ホルモンとも呼ばれるメラトニンの原料となることで知られています。メラトニンには睡眠と覚醒のリズム、体内時計のズレなどを整える作用があり、そのことが自律神経に良い影響をもたらすと言われています。

朝食をとる

自律神経のバランスを整えるには、朝食をしっかりと食べることが大事です。朝食を抜いてしまうと交感神経の働きが鈍ってカラダがしっかりと目覚めず、体内のリズムも乱れがちになってしまいます。朝食から始めて、3食規則正しく食べることを習慣づけましょう。

眼球をぐるぐる回す

目を休ませるときに、眼球をぐるぐる回す、目のストレッチを実践してみましょう。ゆっくりと右回り、左回りでそれぞれ2~3周すれば十分です。

睡眠をきちんととる

目を休ませるために最も必要なのが睡眠です。十分な睡眠は目の疲れを癒やし、ストレスを軽減させるのに役立ちます。逆に言えば、寝ても目の疲れが取れないときは眼精疲労になっていることが疑われます。また、良質な睡眠をとるには自律神経のバランスがとれていることが重要で、ここでも目と自律神経は深い関係にあると言えます。

 

眼精疲労をケアする方法

眼精疲労や疲れ目をケアするには次の2つの方法を試してみましょう。

目を温める

温かい蒸しタオルやホットアイマスクを使って目と目の周囲を温めましょう。血行が良くなり、目の周囲の筋肉がほぐれ、リラックスできます。蒸しタオルは、水に濡らして軽く絞ったタオルをラップで包んで電子レンジで1分程度温めます。加熱され過ぎている場合もありますので、取り出す際は火傷しないよう注意してください。

目の周りをマッサージする

目の周囲をマッサージするのも効果が期待できます。押すと気持ち良い場所、軽く痛みを感じる場所をあまり強く押し過ぎるのではなく、指の腹を使って優しくマッサージするように押してみましょう。

 

眼精疲労に効くマッサージについて

最後に、眼精疲労や疲れ目のケアに良いとされるマッサージ方法を紹介します。目の疲れを自覚したときにやってみてください。

 

眼精疲労に良いマッサージ.1

1.耳の後ろあたりの首と頭蓋骨の境目に親指を当てます。

首と頭の境目のストレッチをする女性

2.親指を視点に顔を斜め上にあげます。

首と頭の境目のストレッチ

3.反対の手をおでこあたりにおき、親指に向かって押し込みます。

4.逆側も同様に行いましょう。

 

眼精疲労に良いマッサージ.2

1.親指を耳の後ろに置き、親指以外の指(人差し指~小指)を耳の上辺りに置いて、耳を覆います。

頭部の筋肉ストレッチをする女性

2.当てた指をその場で円を描くようにゆっくり押し回す。これを15~20秒キープします。

頭部の筋肉ストレッチをする女性


眼精疲労と自律神経にはつながりがあり、両者のどちらかが不調に陥ればもう片方も影響を受けるとされています。目をいたわり、自律神経のバランスも保つよう、日々の生活を見直すことから始めてみてはいかがでしょうか。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カラダファクトリーの
こだわり

カラダファクトリー独自のA.P.バランス®理論に基づいた独自の技術

顧客満足度97.96%(※)のカラダファクトリー独自のA.P.バランス®理論で首(第一頸椎)と骨盤のバランスを本来あるべき理想的な形に戻します。短時間で信頼感のある技術です。

お客様の健康を考えた親切丁寧なカウンセリング

カラダファクトリーでは、丁寧なカウンセリングで根本原因を探り、重点的にケアする箇所を導き出します。自律神経にアプローチし、痛みの自覚症状が出にくい身体作りのきっかけを熟練技術でサポートいたします。


※自社調べ。(カラダファクトリーおよびファミリーサロンにおいて、2014年2月6日~2月16日、3回以上施術を受けたお客様2,699人に、施術後の店頭アンケートにて実施。)

カラダファクトリーについて

初めてのご利用の方へ。カラダファクトリーの特長とこだわりをご紹介

お気に入り店舗

    店舗ページから、「お気に入り店舗に追加する」ボタンを押してご登録いただくと、次回からのご予約などがスムーズに行えるようになります。

    お気に入り店舗は3件まで登録できます。
    1件目が消されますが、
    お気に入り店舗を登録しますか?

    最近ご覧になった店舗