整体・骨盤ジャーナル

正しく入浴して腰痛を改善しよう

正しく入浴して腰痛を改善しよう

腰痛改善には、腰痛体操や筋肉トレーニングが有効な手段ですが、入浴によっても効果が期待できることをご存知でしょうか。入浴することで血行が促進されるのはもちろん、入り方次第で腰痛の解消や予防にもつながります。ここでは、腰痛の方のお風呂の入り方について紹介します。

入浴が腰痛に良いのはなぜ?

慢性的な腰痛の主な原因は、血行不良と言われています。入浴することで体内の血行が促進され、筋肉のコリをほぐす効果が期待できます。これは腰痛だけでなく、肩こりや筋肉痛にも効果的なので、カラダの疲れを癒す方法として入浴はとても有効だと言えるでしょう。

また、湯船につかると水の中で浮き上がらせようとする力「浮力」が働くので、長時間の入浴でも腰に負担がかかりません。ゆっくり時間をかけてつかることで心身ともにリフレッシュでき、腰痛対策に効果が期待できます。

お風呂に入ってはいけないケース

上述したような入浴が腰痛改善に効果的なのは、慢性的な腰痛であって、ぎっくり腰などの急性の腰痛には向いていません。炎症を起こしていたり、立てないような状態の場合は温めることで悪化する可能性があるので、お風呂に入らないようにしてください。
急性の腰痛の場合はできるだけ安静にして、患部を冷やすなどの処置を行うことが有効です。

腰痛の方におすすめの入浴方法

慢性的な腰痛の解消には入浴が効果的ですが、入り方次第でその効果をさらに高めることができます。以下のようなポイントに注意しながら入浴してみましょう。

・シャワーを浴びてカラダを温める

入浴する前はカラダが冷えているので、まずはシャワーを浴びてカラダを温めましょう。最初は低めの温度から設定し、徐々に温度を上げていくと少ない刺激で体を温められます。

・湯船にゆっくりとつかる

最初は湯船の半分くらいまでお湯をはり、38~40℃のややぬるめのお湯につかり、20~30分程度半身浴をします。腰の痛みがひどいという方は、お湯の量をさらに増やし、温度を低めにしてのぼせないように注意してください。

・湯船でストレッチをする

湯船でお湯につかりながら、軽いストレッチを行います。バスタブのふちを手で持ちながら、腰をゆっくりひねったり反らしたりしてみてください。

ストレッチは無理のない範囲で行い、痛みがあるようならストレッチは避けましょう。最後にお湯の温度を40~42℃程度(やや熱めの温度)に設定し、カラダをしっかり温めてお風呂から出るようにしましょう。

慢性的な腰痛改善には、正しい入浴とストレッチが有効です。入浴時はもちろん入浴後もストレッチを行って、しっかりと腰痛を改善しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カラダファクトリーの
こだわり

カラダファクトリー独自のA.P.バランス®理論に基づいた独自の技術

顧客満足度97.96%(※)のカラダファクトリー独自のA.P.バランス®理論で首(第一頸椎)と骨盤のバランスを本来あるべき理想的な形に戻します。短時間で信頼感のある技術です。

お客様の健康を考えた親切丁寧なカウンセリング

カラダファクトリーでは、丁寧なカウンセリングで根本原因を探り、重点的にケアする箇所を導き出します。自律神経にアプローチし、痛みの自覚症状が出にくい身体作りのきっかけを熟練技術でサポートいたします。


※自社調べ。(カラダファクトリーおよびファミリーサロンにおいて、2014年2月6日~2月16日、3回以上施術を受けたお客様2,699人に、施術後の店頭アンケートにて実施。)

カラダファクトリーについて

初めてのご利用の方へ。カラダファクトリーの特長とこだわりをご紹介

お気に入り店舗

ご紹介が便利に! webから簡単登録♪
ご家族やご友人、周りの大切な方でカラダがつらい、お悩みを抱えている方はいませんか。
カラダファクトリーではお客さまのご紹介の輪を大切にしており、周りの大切な方のお身体をサポートさせていただきます。
詳しくはコチラ⇒

    お気に入り店舗は3件まで登録できます。
    1件目が消されますが、
    お気に入り店舗を登録しますか?

    最近ご覧になった店舗