整体・骨盤ジャーナル

ぽっこりお腹の原因は猫背? 猫背を改善するストレッチ・トレーニングを紹介

ぽっこりお腹の原因は猫背? 猫背を改善するストレッチ・トレーニングを紹介
ぽっこりお腹に悩んでいるとしたら、その原因は姿勢、とりわけ猫背にあるかもしれません。ほかにも肩こりや腰痛など、猫背はさまざまなデメリットをもたらします。猫背を改善するために気をつけるべきことや、ストレッチ&トレーニング方法を紹介します。

猫背とは? そのチェック方法を解説

本来、人間の頚椎、胸椎、腰椎などから構成される脊椎(背骨)は、全体に緩やかなS字曲線を描いています。しかし、多くの現代人は胸椎の後ろカーブがきつく、背中が丸くなってしまっています。これが猫背と呼ばれる状態です。猫背の人は背中が後ろに湾曲し、本人は真っすぐ立っているつもりでも腰が曲がり、顔と肩が前に出ているように見えてしまいます。

自分が猫背かどうかは、以下のチェック方法で分かります。

猫背のチェック方法

壁に背を向けて立ち、背中がついて、頭かお尻のどちらかが離れてしまう場合は猫背です。



猫背がぽっこりお腹を招く原因

猫背は下っ腹が前方に出てしまうぽっこりお腹を招く要因になるとされています。その理由を説明しましょう。

筋力が低下して代謝が悪くなり太りやすくなる

猫背は楽な姿勢です。生まれる前の赤ちゃんはあまり筋力がないため、背中を丸めた格好のまま子宮内で大きくなります。また、高齢になるほど背中が丸まってしまう傾向にあります。

きれいに背筋を伸ばすと姿勢を安定させるために腹筋などの筋肉を使います。猫背は筋肉を使わないので代謝が悪くなり、結果として太りやすいカラダになってしまいます。

姿勢がくずれて骨盤が歪み内臓下垂になる

猫背のまま椅子に座ると、骨盤が後ろに倒れて傾く格好になります。すると骨盤がしっかりと上半身を支える正しい姿勢ではなくなり、骨盤の上にある内臓が徐々に下垂してきます。結果、胃や腸があるべき場所に収まらず、ぽっこりお腹が出現してしまうわけです。見た目の問題だけでなく、内臓下垂によって食欲不振や便秘などの症状が現れることもあります。

猫背が招くそのほかのデメリット

猫背はぽっこりお腹のほかにもさまざまなデメリットを招きます。たとえば次のような困ったことが起こります。

むくみやすくなる

姿勢の悪さや内臓下垂は血液やリンパ液の流れを悪くします。血流が滞れば、カラダのあちこちにむくみが起きやすくなります。特に猫背のままデスクワークをしていると顔を突き出す格好になるため、顔のむくみやたるみを招いてしまう可能性があります。

肩こり、腰痛を招く

血流が悪くなり、骨盤がゆがむことによって、猫背は肩こりや腰痛の原因ともなります。さらには首の後ろの自律神経が圧迫され、呼吸も浅くなるために頭痛、耳鳴り、かすみ目などの不調を引き起こすケースもあります。

老けて見える

実際の年齢よりも老けて見えたり、疲れて見えたりするのも猫背のデメリットです。猫背で立つ、歩く、座っている様子を第三者が見ると、なんとなく不健康で覇気がなく、ネガティブな印象を受けてしまいます。

猫背を防ぐには?

では、猫背はどのようにして改善していけば良いのでしょうか。必要なのは意識を変えることと、ちょっとしたトレーニングです。まずは次の2点を実践しましょう。

姿勢に気をつける

日頃から背中が丸まっていないか、姿勢に気をつけるだけでも猫背を防ぐ助けになるでしょう。

鏡の前に立つ際などには、猫背になっていないかを確認するくせをつけます。日常生活の中で常に背筋を伸ばし、胸を張ることを考え、根気強く修正していると、カラダがそのことを学習し、筋肉の状態も変わってくるかもしれません。

どんな姿勢を目指せば良いのか、正しい姿勢については下記ページを参照してください。

『便秘を解消するために正しい姿勢を身に付けよう』

ストレッチ・筋トレをする

もう一つ、猫背を防ぐために役立つのがストレッチ&筋トレです。ストレッチは猫背によって凝り固まった筋肉をほぐすことにつながります。また筋トレは正しい姿勢を保つために必要な筋肉を鍛えられます。

 

猫背を改善するストレッチ・トレーニング

では、猫背を改善するための具体的なストレッチとトレーニングの方法を紹介しましょう。どれも難易度はさほど高くないので、気軽にチャレンジしてみてください。

腹斜筋のトレーニング(サイドクランチ)




1. 横になり、少し膝を曲げる。
2. 上側の手は、頭の後ろに添えて胴体は真っ直ぐに保つ。
3. 横になったままゆっくりと上体を起こしていく。
4. そのままおへそを覗き込むように動かす。
5. 限界まで上げたら、3秒間停止する。
6. その後、ゆっくりと元に戻していく。
7. この動作を15回繰り返す。
8. インターバル(30秒)。
9. 残り2セット行う。

腹横筋のトレーニング

1.うつ伏せになり左右の手を肩の下へ置きます。




2.両腕を伸ばし、上体を反らしながら起こします。


※腕は地面につけ、顔は前を向きます




3.右腕を上げながら、左肩を斜め下(地面)へ動かして上体をねじり20秒キープします。


※腸周りに関わる腹筋を意識して行います




4.逆側も同じように繰り返します。

大胸筋のストレッチ

1.肘を曲げて手のひら、肘を壁に当てます。




2.足を肩幅に広げます。


3.壁に手を当てている方向と逆方向にカラダをそらします(壁に当てている手の脇と胸あたりにある大胸筋を伸ばすことを意識します)。


※右手は添えなくて良いです

猫背改善につながる首、肩のストレッチ

1.後ろで両手を組み、胸を張って立ち、肩甲骨を中央に寄せながら腕を天井に向かって引き上げます。




2.腕を上げられる位置まで上げたら、そのまま天井を見るように上を向き30秒キープします。





猫背はぽっこりお腹などのさまざまなデメリットもたらします。しかし、しっかりと向き合って改善に取り組めば、少しずつ正しい姿勢を維持することができるようになるはずです。猫背が気になる人は上記を参考に、姿勢とカラダを変えていきましょう。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カラダファクトリーの
こだわり

カラダファクトリー独自のA.P.バランス®理論に基づいた独自の技術

顧客満足度97.96%(※)のカラダファクトリー独自のA.P.バランス®理論で首(第一頸椎)と骨盤のバランスを本来あるべき理想的な形に戻します。短時間で信頼感のある技術です。

お客様の健康を考えた親切丁寧なカウンセリング

カラダファクトリーでは、丁寧なカウンセリングで根本原因を探り、重点的にケアする箇所を導き出します。自律神経にアプローチし、痛みの自覚症状が出にくい身体作りのきっかけを熟練技術でサポートいたします。


※自社調べ。(カラダファクトリーおよびファミリーサロンにおいて、2014年2月6日~2月16日、3回以上施術を受けたお客様2,699人に、施術後の店頭アンケートにて実施。)

カラダファクトリーについて

初めてのご利用の方へ。カラダファクトリーの特長とこだわりをご紹介

お気に入り店舗

    店舗ページから、「お気に入り店舗に追加する」ボタンを押してご登録いただくと、次回からのご予約などがスムーズに行えるようになります。

    お気に入り店舗は3件まで登録できます。
    1件目が消されますが、
    お気に入り店舗を登録しますか?

    最近ご覧になった店舗