整体・骨盤ジャーナル

帝王切開後の骨盤矯正、骨盤ダイエットはいつからすればいいの?

帝王切開後の骨盤矯正、骨盤ダイエットはいつからすればいいの?
帝王切開で赤ちゃんを産んだ場合、「骨盤矯正」は必要なのでしょうか。必要だとすればいつから、どのように骨盤矯正や骨盤ダイエットを始めれば良いのでしょう。

今回は帝王切開で赤ちゃんを産んだ場合に限定し、骨盤矯正と骨盤ダイエットについて知っておくべきポイントを説明していきます。

帝王切開の場合、産後の骨盤矯正は必要?

帝王切開では産道を赤ちゃんが通らないため「骨盤がゆるまない」と誤解している人も多く、骨盤矯正は必要ないのではないかと思われがちです。

しかし実際は違います。まず、妊娠をするとリラキシンと呼ばれるペプチドホルモンの一種が分泌されるようになり、骨盤、特に骨盤の関節を支える靭帯をゆるめる働きをします。つまり、帝王切開であってもリラキシンの影響を受けて骨盤はゆるみやすくなっているのです。

骨盤矯正は、このリラキシンによってゆるんだ骨盤が、そのままの状態で固まってしまうのを防ぐために行います。そのため帝王切開であっても、産後は骨盤矯正、骨盤ケアをすることをおすすめします。

帝王切開の場合、産後の骨盤矯正はいつから?

出産後の骨盤矯正とは、リラキシンの影響による靭帯のゆるみ、自然分娩の場合は出産によって生じる骨盤や恥骨の結合部分の歪みを、出産後に正しい位置、状態に戻すための調整を指します。

具体的には、整体院や整骨院で骨盤矯正の施術を行う方法があります。

自然分娩の場合は通常、産褥期が過ぎた産後1ヶ月半~2ヶ月後から骨盤矯正を始めます。諸説ありますが、リラキシン分泌は産後1ヶ月程度まで続くとされており、その後しばらくはまだ靭帯がゆるんだ状態が続いています。

帝王切開の場合もこれは変わりません。そのため同時期に骨盤矯正を始めるのが理想ですが、しかし帝王切開ではまず切開した傷がしっかりと塞がるのを待つのが優先です。目安としては産後2ヶ月後くらいが平均的な時期となるでしょう。もちろん、傷口や体調が十分回復していなければ、骨盤矯正の時期を遅らせるべきです。回復の度合いには個人差がありますので、医師や整体師などと相談しながら時期を決めていきましょう。

ただし、産後6ヶ月を過ぎると骨盤周辺の靭帯が固くなり、骨盤矯正の効果が現れにくくなるとされています。できればそれまでには骨盤ケアを始めたいところです。

 

帝王切開の場合、産後ダイエットはいつから?

産後ダイエットは、妊娠中に増えた体重を妊娠前のレベルにまで戻すために行うダイエットです。

産後ダイエットも、個人差があるので一概には言えませんが、産後6ヶ月までが痩せやすい時期だとされることが多いです。

自然分娩であれば体調が安定してくる産後1ヶ月~1ヶ月半後からダイエットを始めると良いでしょう。帝王切開の場合は傷の回復を優先させなければなりませんので、栄養バランスの良い食生活を心掛け、十分に休養を取り、体調が戻ってから取り組むようにしましょう。

 

帝王切開後の産後ダイエットにおける注意点

帝王切開後の産後ダイエットでは自身の体力の回復と赤ちゃんのことを考え、特に次の2つのポイントに注意しましょう。

激しい運動は禁物

走ったり、球技をしたりといった激しい運動は控えてください。傷口に負担をかけるのは禁物です。万一、改めて治療が必要になればまた安静にしなければならず、結果的に産後ダイエットを失敗してしまうことにもつながります。服や下着もカラダを締め付けるようなものは選ばないように配慮しましょう。

栄養のある食事をきちんととる

産後ダイエットでは、無理な食事制限をすることはNGです。その理由は母体の体力回復はもちろん、母乳や育児のためにも必要なエネルギーを確保しなければならないからです。特に母乳育児をする場合、母親が栄養のある食事をしていた方が、赤ちゃんにもより良い栄養を届けることができると考えられています。

 

産後ダイエットにつながるストレッチ・トレーニング方法

最後に、産後ダイエットにつながるおすすめのストレッチ・トレーニング方法を紹介します。帝王切開によるダメージが十分回復してから、少しずつできる範囲で始めていきましょう。

腹斜筋のトレーニング(サイドクランチ)




1. 横になり、少し膝を曲げる。
2. 上側の手は、頭の後ろに添えて胴体は真っ直ぐに保つ。
3. 横になったままゆっくりと上体を起こしていく。
4. そのままおへそを覗き込むように動かす。
5. 限界まで上げたら、3秒間停止する。
6. その後、ゆっくりと元に戻していく。
7. この動作を15回繰り返す。
8. インターバル(30秒)。
9. 残り2セット行う。

腹横筋のトレーニング

1.うつ伏せになり左右の手を肩の下へ置きます。




2.両腕を伸ばし、上体を反らしながら起こします。


※腕は地面につけ、顔は前を向きます




3.右腕を上げながら、左肩を斜め下(地面)へ動かして上体をねじり20秒キープします。


※腸周りに関わる腹筋を意識して行います




4.逆側も同じように繰り返します。



帝王切開後の骨盤矯正と骨盤ダイエットは、体力が回復し体調が整ってから始めることが大切です。産後は赤ちゃんのお世話などやることが多くて大変ですので、すきま時間にストレッチするなど、ムリのない範囲で取り組むようにしましょう。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カラダファクトリーの
こだわり

カラダファクトリー独自のA.P.バランス®理論に基づいた独自の技術

顧客満足度97.96%(※)のカラダファクトリー独自のA.P.バランス®理論で首(第一頸椎)と骨盤のバランスを本来あるべき理想的な形に戻します。短時間で信頼感のある技術です。

お客様の健康を考えた親切丁寧なカウンセリング

カラダファクトリーでは、丁寧なカウンセリングで根本原因を探り、重点的にケアする箇所を導き出します。自律神経にアプローチし、痛みの自覚症状が出にくい身体作りのきっかけを熟練技術でサポートいたします。


※自社調べ。(カラダファクトリーおよびファミリーサロンにおいて、2014年2月6日~2月16日、3回以上施術を受けたお客様2,699人に、施術後の店頭アンケートにて実施。)

カラダファクトリーについて

初めてのご利用の方へ。カラダファクトリーの特長とこだわりをご紹介

お気に入り店舗

    店舗ページから、「お気に入り店舗に追加する」ボタンを押してご登録いただくと、次回からのご予約などがスムーズに行えるようになります。

    お気に入り店舗は3件まで登録できます。
    1件目が消されますが、
    お気に入り店舗を登録しますか?

    最近ご覧になった店舗