整体・骨盤ジャーナル

寒い季節は肩こりになりやすい理由と対策

寒い季節は肩こりになりやすい理由と対策
日本人の国民病とも言われている「肩こり」。生活習慣が大きく影響していることから、季節にあまり関係なさそうなイメージですが、実は気温がぐっと下がる季節は肩こりを訴える人が多い傾向にあります。なぜ、寒くなると肩こりになりやすいのでしょうか。今回は、寒い季節に肩こりになりやすい理由と対策について詳しく解説します。

寒い季節に肩こりになりやすい理由

寒くなると肩こりの症状を訴える人が多くなるといわれています。ではなぜ、寒い季節に肩こりになりやすいのでしょうか。その理由を詳しく見ていきましょう。

寒さでカラダがこわばるため

カラダの血管は寒くなると熱の発散を防ごうとして収縮するため、冬場はどうしても血行が悪くなりがちです。また、寒くなると無意識のうちにカラダが縮こまることが多くなりますが、これは脳が寒さに反応して、最も簡単に熱を生産しやすい肩や首回りの筋肉を緊張させることによってカラダを温めようとするからです。

この血管の収縮と筋肉の緊張によって血流の滞りが加速するため、冬の肩こりが引き起こされやすくなってしまうのです。

猫背になりやすい

寒くなると体温を温存しようとして無意識のうちに首をすぼめてしまいます。すると胸の周りの筋肉が硬く縮こまって、肩が前に出て猫背になる人も。姿勢が悪くなると体重をうまく分散することができずに、首や肩に負荷がかかって、肩や首のこり、痛みを感じやすくなってしまうのです。

運動量が減る

筋肉は血液を送るポンプのような役割をしていますので、運動して筋肉を鍛えると、全身の血の巡りが促進されるといわれています。しかし、寒くなるとどうしても室内にこもりがちになって、ほかの季節と比べて運動量が低下してしまう傾向にあります。肩こりの原因は、首や肩まわりの血の巡りが悪くなることだといわれていますので、運動不足の状態が続くと、肩こりを引き起こしてしまうことがあります。

コートの着用

冬に着用するコートは、肩こりを悪化させてしまう要因のひとつだとされています。厚手で丈が長いコートは重いものが多く、自分でも気がつかないうちに肩に大きな負担をかけてしまうことも。コートを着用している間は、その重さで肩が下に引っ張られて首回りの筋肉が伸びた状態になって、こりが生じてしまう人もいます。

寒い季節の肩こりに効果的な対策

冬に肩こりにならないためには、どのようなことに気をつけて生活をしたら良いのでしょうか。寒い季節の肩こりに効果的な対策を詳しく見ていきましょう。

ストレッチをする

ストレッチは冬の寒さで縮こまってしまった筋肉をほぐすのに効果的です。筋肉がほぐされることによって血液の巡りが良くなるため、老廃物の蓄積を防ぎ、肩こりの症状が和らぐことが期待できます。肩周りに力が入りやすい冬場は、特にこまめにストレッチをすることが大切です。

ストレスをためない

ストレスによって自律神経のバランスを崩すと、血行不良になったり、睡眠の質が下がったりして、疲れが取れにくくなることがあります。冬場は特に寒さがストレスとなる「冷感ストレス」を感じやすくなるため、1日の終わりにリラックスできる環境を整えることも大切です。

こまめに水分補給する

こまめに水分補給をすることで血流が促され、肩こりの緩和が期待できます。冬場は乾燥しやすい季節ですので、少量でも良いので、こまめに水分を摂るようにしましょう。

カラダを温める食事をとる

カラダが冷えると血管が収縮して血行不良になりやすいとされているため、冬場はしょうがやカボチャなどのカラダを温める食材を積極的に摂取しましょう。

ゆっくり入浴する

38〜40度のぬるめのお湯にゆっくり浸かることで、自律神経のバランスを整えましょう。自律神経の乱れは、血行不良を招くことがあるので注意が必要です。

十分な睡眠をとる

睡眠不足が続くと、自律神経のバランスが崩れて疲れが取れにくくなったり、血の巡りが悪くなって肩こりを招いたりすることがあります。

同じ姿勢を取り続けない

パソコンやスマホの使用などで同じ姿勢をとり続けると、寒さで縮こまった筋肉がさらに固まりやすくなります。同じ姿勢をとり続けないように、定期的に休憩をとるようにしましょう。

背筋を伸ばす

姿勢の悪さは血行不良を招き、肩こりを加速させてしまいます。カラダが縮こまりがちな冬場こそ背筋を伸ばして正しい姿勢を心掛けましょう。

厚着しすぎない

冬場は冷えを防ぐことも大切ですが、着込みすぎてしまうとその重さによって肩に負荷がかかってしまいます。冬のコートはダウンなどの軽めの素材を選ぶことをおすすめします。

寒い季節に室内でできる簡単なストレッチ

肩こりは肩や首の周りの筋肉の緊張をほぐし、血流を促進することでその症状を和らげることができます。ウォーキングなどの運動をしてこり固まった筋肉をほぐすのが理想的ですが、寒い季節は外に出ることが億劫になってしまいがち。そこでおすすめなのが、室内でできる簡単なストレッチです。では、その方法を詳しく見ていきましょう。

室内でできるストレッチ

1. 肘を曲げて手のひら、肘を壁に当てます。
壁に手をつくストレッチ 2.足を肩幅に広げます。
3.壁に手を当てている方向と逆方向に体をそらします(壁に当てている手の脇と胸あたりにある大胸筋を伸ばすことを意識します)。
※右手は添えなくて良いです。
壁に手をつくストレッチ 4.これを30秒キープします。終わったら、反対もやります。

冬は一年の中でも特に肩こりになりやすい季節だとされています。上記で紹介した内容を参考に、寒い季節の肩こりをしっかりケアしてきましょう。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カラダファクトリーの
こだわり

カラダファクトリー独自のA.P.バランス®理論に基づいた独自の技術

顧客満足度97.96%(※)のカラダファクトリー独自のA.P.バランス®理論で首(第一頸椎)と骨盤のバランスを本来あるべき理想的な形に戻します。短時間で信頼感のある技術です。

お客様の健康を考えた親切丁寧なカウンセリング

カラダファクトリーでは、丁寧なカウンセリングで根本原因を探り、重点的にケアする箇所を導き出します。自律神経にアプローチし、痛みの自覚症状が出にくい身体作りのきっかけを熟練技術でサポートいたします。


※自社調べ。(カラダファクトリーおよびファミリーサロンにおいて、2014年2月6日~2月16日、3回以上施術を受けたお客様2,699人に、施術後の店頭アンケートにて実施。)

カラダファクトリーについて

初めてのご利用の方へ。カラダファクトリーの特長とこだわりをご紹介

お気に入り店舗

    店舗ページから、「お気に入り店舗に追加する」ボタンを押してご登録いただくと、次回からのご予約などがスムーズに行えるようになります。

    お気に入り店舗は3件まで登録できます。
    1件目が消されますが、
    お気に入り店舗を登録しますか?

    最近ご覧になった店舗