整体・骨盤ジャーナル

夏はエアコンが寒い! クーラー病(冷房病)による冷え対策

夏はエアコンが寒い! クーラー病(冷房病)による冷え対策
年々暑さを増す日本の夏。エアコン無しで過ごすことが難しくなってきています。しかし、エアコンの効いた部屋で生活していると、カラダの末端が冷えていたり、カラダのダルさがとれなかったりといった症状に悩まされる人がいます。それはクーラー病が原因かもしれません。
今回は、夏に注意したい「クーラー病」による冷え対策について詳しく解説していきます。

クーラー病(冷房病)とは

私たちのカラダは本来、夏の暑さや冬の寒さなどにうまく適応して、体温を一定に保つことが可能です。その働きをコントロールしているのが自律神経ですが、オフィスや自宅などエアコン(クーラー)の効いた室内で長時間過ごしたり、冷房が効いた部屋と炎天下の屋外を頻繁に出入りしていたりすると、その機能が乱れてしまい、さまざまな体調不良が起こることがあります。これを「クーラー病(冷房病)」と呼ぶことがあります。
クーラー病は医学的に認められた病名ではありませんが、主として夏場のエアコンが原因で自律神経のバランスが崩れた状態を意味します。

クーラー病(冷房病)のリスク

猛暑日が続く夏は熱中症対策が必須ですが、それと同じようにクーラー病を防ぐための工夫も忘れてはいけません。クーラー病は名前を聞く限りではそれほど深刻さを感じさせませんが、放置することでさまざまな健康トラブルの原因となる可能性があります。
では、具体的にクーラー病にはどのようなリスクがあるのでしょうか。詳しく見ていきましょう。

肩こり・首こり

エアコンの効いた部屋に長時間いると、自律神経のバランスが乱れて血行不良が起こることがあります。その結果、肩こりや首こりと言った不快な症状が現れてしまうことも。デスクワークをしている人や、営業で屋外と屋内を頻繁に出入りする人などは特に注意が必要です。

腰痛

エアコンの効いた室内に長時間いることで、カラダが冷え、腰痛を引き起こしてしまう可能性があります。もともと腰痛に悩まされていた人は、悪化してしまうケースも。

消化不良・食欲不振・便秘・下痢

自律神経は体温調節や発汗コントロールだけでなく、体内のさまざまな働きをコントロールする重要な神経のひとつです。クーラー病によってそのバランスが崩れてしまうことで、消化不良や食欲不振、食べたものをうまく消化吸収できずに、便秘や下痢などを引き起こしてしまうこともあります。

疲労

私たちのカラダは血液が滞りなく循環することによって、疲労の原因となる疲労物質や老廃物などを体外へ排出しています。ところが、自律神経のバランスが崩れて血行不良が起きると、疲労物質や老廃物が体内に蓄積されてしまい、疲労感が増してしまうことがあります。

肌荒れ

自律神経の乱れが血行不良を引き起こし、体内に老廃物が蓄積してしまうことがあります。その結果、肌がカサカサしたり、吹き出物ができたりとさまざまな肌トラブルを起こしてしまうことも。

むくみ

自律神経が乱れて体温が低くなると、カラダのなかの余分な水分がうまく排出されず、むくみの症状が現れてしまうこともあります。

慢性化した冷え性

自律神経の乱れによって代謝が落ちた状態が長く続くと、カラダは常に冷えた状態になってしまい、慢性化した冷え性のリスクも高くなります。

クーラー病(冷房病)対策

厳しい日本の夏を快適に過ごすためには、エアコンは欠かせないもの。では、どうすれば日々の生活のなかでクーラー病を防ぐことができるのでしょうか。クーラー病対策のポイントについて詳しく見ていきましょう。

設定温度を下げすぎない

室内と室外の温度差が大きいほど、私たちのカラダに備わっている体温調節機能は乱れやすくなってしまいます。夏場の室温は28℃程度を目安にして、エアコンの設定温度を下げすぎないように気をつけましょう。

適度な換気をする

室内を冷やしすぎないようにするためにも、定期的に部屋の窓を開けて換気をして外気を取り込みましょう。室内と室外の温度差を大きくしないためにも効果的です。

エアコンの風をカラダに直接当てない

エアコンの風が直接カラダに当たると、カラダが冷えてしまうだけでなく、肌も乾燥してしまいます。デスクワークをしている時や睡眠時などには、エアコンの風がカラダに直接当たらないように風向きを変える、上着を羽織るなどの工夫をすることも大切です。

体温調整ができる衣類などを用意

オフィスや公共施設など、エアコンの温度調節をすることが難しい場合には、自分で体温調節をする工夫も必要でしょう。腹巻やアームカバー、ひざ掛け、ネックウォーマー、カーディガン、ストールなど、着脱可能なアイテムを上手に利用して冷え対策を行いましょう。

カイロを用意

エアコンによる冷えが深刻な場合には、カイロなどを活用するのも方法のひとつです。

カラダを温める食事・飲み物をとる

夏場は冷たい飲み物が欲しくなってしまいますが、カラダの冷えを防ぐためには、なるべく冷たい飲み物は避けるのがベター。また、生姜や発酵食品などカラダを温めるとされる食品を摂取するように心掛けましょう。

小まめな運動・ストレッチ

デスクワークなどで同じ姿勢を取り続けると血行が悪くなり、カラダが冷えやすくなってしまうことがあります。こまめな運動やストレッチを上手に取り入れましょう。

入浴・半身浴

エアコンの効いた部屋で長時間過ごした日は、1日の終わりにお風呂に入って使ってカラダを温めましょう。ぬるめのお湯にゆったりと浸かるのがポイントです。

冷え対策となるストレッチ方法・マッサージ方法

クーラー病を防ぐためには、カラダが冷えないようにすることが大切です。ここでは、自宅で気軽にできる冷え対策となるストレッチとマッサージの方法を詳しく解説していきます。

冷え対策となるストレッチ方法1

指先を下にし、手のひらを前方に向けて片方の腕を伸ばし、もう一方の手で指先を引っ張り20~30秒キープします。これを左右とも行います。
机や壁に腕をついた状態で、両腕のストレッチを同時に行っても良いでしょう。

腕のストレッチ-手のひら-指先を引っ張る

腕のストレッチ-手のひら-壁

冷え対策となるストレッチ方法2

つま先(母指球)を地面につけて足首を回します(10回)。かかとを地面につけて足首を回します(10回)。左右で行います。

足首を回す-母指球-つま先をつける-ストレッチ

足首を回す-かかとをつける-ストレッチ

冷え対策となるストレッチ方法3

足の指を閉じる・開く(グーパー)を12回繰り返します。

足の指を閉じる-グー-ストレッチ

足の指を開く-パー-ストレッチ


クーラー病は普段の生活習慣やエアコンの設定を少し見直すことで、防げる可能性があります。クーラー病にならないように、ぜひ上記のような対策を参考にしてケアしていきましょう。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カラダファクトリーの
こだわり

カラダファクトリー独自のA.P.バランス®理論に基づいた独自の技術

顧客満足度97.96%(※)のカラダファクトリー独自のA.P.バランス®理論で首(第一頸椎)と骨盤のバランスを本来あるべき理想的な形に戻します。短時間で信頼感のある技術です。

お客様の健康を考えた親切丁寧なカウンセリング

カラダファクトリーでは、丁寧なカウンセリングで根本原因を探り、重点的にケアする箇所を導き出します。自律神経にアプローチし、痛みの自覚症状が出にくい身体作りのきっかけを熟練技術でサポートいたします。


※自社調べ。(カラダファクトリーおよびファミリーサロンにおいて、2014年2月6日~2月16日、3回以上施術を受けたお客様2,699人に、施術後の店頭アンケートにて実施。)

カラダファクトリーについて

初めてのご利用の方へ。カラダファクトリーの特長とこだわりをご紹介

お気に入り店舗

    店舗ページから、「お気に入り店舗に追加する」ボタンを押してご登録いただくと、次回からのご予約などがスムーズに行えるようになります。

    お気に入り店舗は3件まで登録できます。
    1件目が消されますが、
    お気に入り店舗を登録しますか?

    最近ご覧になった店舗