整体・骨盤ジャーナル

デスクワークの腰痛対策に使えるクッションの正しい使い方

デスクワークの腰痛対策に使えるクッションの正しい使い方
デスクワークで長時間座りっぱなしの状態を続けている人の悩みで、よくあるのが腰痛。一度腰痛になると、仕事どころではなくなってしまいますよね。その腰痛対策に効果的なのがクッションです。今回は、デスクワークの腰痛対策に使えるクッションの正しい使い方についてご紹介します。

デスクワークの腰痛にクッションが良い理由

デスクワークではパソコンの画面に集中して、顔を乗り出した姿勢になったり、猫背になったりと悪い姿勢になりがちです。姿勢が悪い状態で長時間過ごすことで、筋肉が緊張して血行不良になり、腰に負担をかけがちになり、腰痛となるのです。 胸を張って正しい姿勢であろうとしても長時間維持するのは現実的に難しく、結局悪い姿勢にもどってしまうことはよくあります。そんな状況に効果的なのがクッションです。 クッションをお尻の後ろ半分に置いて、背骨が真上に向かってまっすぐな状態になるようカラダの角度を変えてあげることで、自然と正しい姿勢になり効果が期待できます。

どんなクッションが腰痛対策に良い?

腰痛対策向けのクッションはさまざまなタイプがあるので、どれにすれば良いか迷ってしまいますよね。クッションを利用する目的はカラダの角度を変えることにあるので、小さめのクッションではなく、大きめのクッションがおすすめです。 金額がネックでクッションを購入しようか悩んでいる人は、まずはタオルで代用すると良いでしょう。タオルを敷く目的は傾いた骨盤を起こすことです。椅子に深く腰を掛けた状態のお尻の下にタオルはまるめて敷いて、骨盤がまっすぐになるように調整してください。 ただあくまでクッションは腰痛防止のためのツールであって、腰痛を治すことはできません。効果的なクッションを選んでも、元の姿勢が悪ければ効果は半減し、根本の解決にはなりません。腰に負担をかけない正しい座り方をして、その補助としてクッションを使用してください。

腰痛防止のために座る姿勢を見直そう

悪い姿勢、正しい姿勢がどんな状態なのか、改めて見てみましょう。

・悪い姿勢

・正しい姿勢

意識していないと上記のような悪い姿勢になりがちですよね。 正しい姿勢をとるには次のポイントを意識してみてください。
  • 深く椅子に腰をかけて、背筋を伸ばす
  • 椅子に寄りかからないようにする
  • 足は組まないようにする
  • 両足が床につくようにする
やり始めは正しい姿勢を長時間保つことが難しいですが、継続していくとだんだん慣れてきて、意識せずとも続けられるようになります。継続して行うことが大事ですので、クッションを使用して正しい姿勢を維持するよう練習してみてください。 腰痛に悩むデスクワーカーの方は、ぜひクッションを利用してみてください。腰痛がひどい場合は無理をせず、早目に専門家に相談するようにしてください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カラダファクトリーの
こだわり

カラダファクトリー独自のA.P.バランス®理論に基づいた独自の技術

顧客満足度97.96%(※)のカラダファクトリー独自のA.P.バランス®理論で首(第一頸椎)と骨盤のバランスを本来あるべき理想的な形に戻します。短時間で信頼感のある技術です。

お客様の健康を考えた親切丁寧なカウンセリング

カラダファクトリーでは、丁寧なカウンセリングで根本原因を探り、重点的にケアする箇所を導き出します。自律神経にアプローチし、痛みの自覚症状が出にくい身体作りのきっかけを熟練技術でサポートいたします。


※自社調べ。(カラダファクトリーおよびファミリーサロンにおいて、2014年2月6日~2月16日、3回以上施術を受けたお客様2,699人に、施術後の店頭アンケートにて実施。)

カラダファクトリーについて

初めてのご利用の方へ。カラダファクトリーの特長とこだわりをご紹介

お気に入り店舗

ご紹介が便利に! webから簡単登録♪
ご家族やご友人、周りの大切な方でカラダがつらい、お悩みを抱えている方はいませんか。
カラダファクトリーではお客さまのご紹介の輪を大切にしており、周りの大切な方のお身体をサポートさせていただきます。
詳しくはコチラ⇒

    お気に入り店舗は3件まで登録できます。
    1件目が消されますが、
    お気に入り店舗を登録しますか?

    最近ご覧になった店舗