整体・骨盤ジャーナル

目の疲れの原因と対処法! 目の疲れに効くストレッチもご紹介

目の疲れの原因と対処法! 目の疲れに効くストレッチもご紹介
最近どうも目が疲れる……という人は、日常生活の中で目を酷使していないか、目が疲れる問題を抱えていないか見直してみるようおすすめします。目の疲れの原因と対処法、そして疲れ目ケアにつながるマッサージの方法を紹介しましょう。

 

目の疲れの原因

目の疲れにはさまざまな原因が考えられます。疲れ目につながりやすいと言われる主な原因を見てみましょう。

パソコン・スマホ

現在、目への影響に関連して特に問題視されているのが、パソコンのモニターやスマホ画面を長時間見続けることによる目の疲れ、目の不調です。

画面上の細かい字を至近距離で見る、動画やゲーム画面を目で追い続けるといった行為によって、目のピント調節に関わる毛様体筋という筋肉が酷使され、凝り固まったような状態になります。その結果、ピントが合いづらい、目がかすむといった「スマホ老眼」と言われる症状が出ることがあります。ベッドで寝っ転がった姿勢でのスマホ操作などもスマホ老眼を進行させると言われています。

また、モニターや画面を見ているとまばたきの回数が極端に減り、それがドライアイを招いて目を疲れさせることも分かっています。モニターなどを使用した作業で目やカラダに起きるこうした症状のことは「VDT(Visual Display Terminal)症候群」と呼ばれます。

視力の低下

目の疲れは視力の低下を招くおそれがありますが、同時に視力の低下がさらに目を疲れさせる原因になることもあります。視力が低下すれば少しでもよく見ようと目を凝らす、対象物に目を近づけるといった行動をしがちで、さらに見えづらい状態が続くとストレスも引き起こされます。それらの結果、目が疲れ、首筋や肩がこることもあります。

加齢

加齢によって目が疲れやすくなることもよく知られています。早い人では40歳を過ぎると老眼の症状が出始め、新聞や本の細かい文字などが目を近づければ近づけるほど見えづらくなります。

メガネやコンタクトが目に合っていない

メガネやコンタクトレンズが合っていないことでも目は疲れやすくなります。メガネを作ってから数年経つうちに視力の低下や乱視が進み、いつの間にか度数などが合わなくなっていることもよくあります。

栄養不足

ダイエットや偏食による栄養不足も目が疲れやすくなる原因に挙げられます。ビタミンB群やビタミンAは目の健康に欠かせない栄養素だと言われています。

睡眠不足

睡眠が不足するとその分、目を休ませる時間が減ってしまいます。起きていればそれだけ長く目を使っていることになるので、当然ながら目は疲れやすくなります。

ストレス

ストレスも目の疲れを進行させる大きな要因です。ストレスが溜まると自律神経が乱れ、不眠、胃痛、頭痛、肌荒れなどのカラダの不調が起こり、さらに毛様体筋が過度に緊張するなどして目の疲れも引き起こすことがあると言われています。

カラダや心の疾患

目が異常に疲れるという場合、何らかの病気が原因となっているケースもあります。よく疑われるのは緑内障や白内障です。また、精神的な要因によって自律神経がアンバランスになっていることも考えられます。

 

目の疲れをケアする方法

眼精疲労と言われるようなひどい症状の場合は眼科で治療する必要があります。しかし、軽度の目の疲れであれば、適切なセルフケアや対策を講じることで軽減する可能性があります。目の疲れを感じた時に役立つケア方法を紹介しましょう。

まばたきをする

パソコンのモニターやスマホの画面を見る時は意識的にまばたきをするようにしましょう。目が疲れたなと感じたら、少しの間、目をつむるのも効果的です。

画面を長い時間見続けない

パソコンなどの画面を長時間見続けないことを習慣化することも大事です。20分程度見たら一旦、視線を外すなどの工夫をします。また、1時間に数分程度の休憩をはさみましょう。

ブルーライトカットメガネを使用する

角膜や水晶体で吸収されずに網膜まで到達し、網膜の機能低下を招くとされるブルーライト。そのブルーライトをカットするメガネを使用すると、目が疲れにくくなると言われています。パソコンやスマホを使う機会が多い人はメガネを変えてみても良いでしょう。

目を温める

ホットタオルなどを活用して、時々目を温めて血行を促しましょう。目の乾燥も防げます。

目の周りをマッサージする

目の周囲をマッサージするのも血行を良くして、目を疲れにくくする効果が期待できます。

首肩のストレッチをする

目の疲れが首や肩のこりを招いたり、逆に首肩の筋肉が凝り固まることで目が疲れたりすることもあります。首や肩のストレッチやマッサージも定期的に行いましょう。

睡眠をとる

十分な睡眠をとるのも、目の疲れを回復させる良い方法です。しっかりと睡眠時間を確保して目を休ませましょう。

ビタミンやルティンなどをとる

ビタミンA、ビタミンB1、B2、B6、B12、ビタミンC、ビタミンD、ビタミンE、さらにルティンなどは目の健康に良いとされる栄養素です。ルティンは緑黄色野菜に多く含まれていて、これが不足すると黄斑変性などの目の老化が起こりやすくなると言われています。

目薬を利用する

目の疲れや乾きを感じる時は人工涙液などの目薬をさしてみましょう。市販されている目薬には、防腐剤不使用のものや、清涼感のあるものなどがありますので、症状に合わせて自分の目の調子を整えられる目薬を探してみてください。

病院で検査をする

以上のケアをしても目の疲れが治らない、疲れ方がひどいという時は病院で診察を受けてください。思わぬ病気が隠れているおそれもあります。

 

目の疲れのマッサージ

最後に、目が疲れたと感じた時に覚えておきたいマッサージ方法を紹介します。仕事の合間にも席についたままできる簡単なマッサージなので、試してみてはいかがでしょうか。

疲れ目に良いマッサージ.1

1.耳後ろあたりの首と頭蓋骨の境目に親指を当てます。

首と頭の境目のストレッチ

2.親指を視点に顔を斜め上にあげます。

首と頭の境目のストレッチ 3.反対の手をおでこあたりにおき、親指に向かって押し込みます。

4.逆側も同様に行いましょう。

疲れ目に良いマッサージ.2

1.親指を耳の後ろに置き、親指以外の指(人差し指~小指)を耳の上辺りに置いて、耳を覆います。

頭部の筋肉ストレッチ

2.当てた指をその場で円を描くようにゆっくり押し回す。これを15~20秒キープします。

頭部の筋肉ストレッチ


目の疲れは大抵、複数の原因が重なり合って引き起こされます。原因を一つでも多く取り除くと同時に、日頃から意識してケアしていくことで、目を労わってあげましょう。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カラダファクトリーの
こだわり

カラダファクトリー独自のA.P.バランス®理論に基づいた独自の技術

顧客満足度97.96%(※)のカラダファクトリー独自のA.P.バランス®理論で首(第一頸椎)と骨盤のバランスを本来あるべき理想的な形に戻します。短時間で信頼感のある技術です。

お客様の健康を考えた親切丁寧なカウンセリング

カラダファクトリーでは、丁寧なカウンセリングで根本原因を探り、重点的にケアする箇所を導き出します。自律神経にアプローチし、痛みの自覚症状が出にくい身体作りのきっかけを熟練技術でサポートいたします。


※自社調べ。(カラダファクトリーおよびファミリーサロンにおいて、2014年2月6日~2月16日、3回以上施術を受けたお客様2,699人に、施術後の店頭アンケートにて実施。)

カラダファクトリーについて

初めてのご利用の方へ。カラダファクトリーの特長とこだわりをご紹介

お気に入り店舗

    店舗ページから、「お気に入り店舗に追加する」ボタンを押してご登録いただくと、次回からのご予約などがスムーズに行えるようになります。

    お気に入り店舗は3件まで登録できます。
    1件目が消されますが、
    お気に入り店舗を登録しますか?

    最近ご覧になった店舗