整体・骨盤ジャーナル

腰痛は何科? 病院にいくべき腰痛の判断基準

腰痛は何科? 病院にいくべき腰痛の判断基準

皆さんは腰が痛いと感じたら、何科を受診しますか? 多くの人が骨や筋肉が原因だと考え「整形外科」を思い浮かべると思いますが、実は症状によって受診する科目を変える必要があります。ここでは、腰痛時に病院へ行くべきかの判断基準と病院の選び方についてご説明します。

腰痛の種類を知って正しい判断基準をもとう

一口に腰痛と言っても、その原因はさまざまです。なかなか治らない慢性的な腰痛のほか、重いものを持ち上げた際に起きるぎっくり腰も腰痛の一種ですし、逆に腰痛だと思っていたら実は筋肉痛だったというケースも見られます。また、加齢とともに現れる椎間板ヘルニアも腰痛と密接な関係があります。椎間板ヘルニアは、背骨と背骨をつなぐ椎間板と呼ばれる軟骨内の髄核が飛び出し、神経を圧迫することで起きる腰の痛みです。

このほか成長期の子供をはじめ若い世代に多い脊椎分離症や、高齢者に多い変形性腰椎症など、あまり聞かない原因で腰痛になるケースもあります。まずは、自分が抱える腰の痛みがどのケースに該当するのかを確認することが大切でしょう。

病院に行った方が良いときはどんなとき?

では、病院に行った方が良い症状とはどんな場合を指すのでしょうか。以下のような症状の場合は、痛みの大小にかかわらず医師の診察を受けてください。

・痛むだけでなく痺れや麻痺がある、足に力が入らない

この場合は単なる腰痛ではなく、椎間板ヘルニアなどの神経系のダメージが考えらます。
完治するには時間がかかるため、早めに受診するようにしましょう。

・発熱がある

腰痛に伴って発熱や悪寒がある場合、急性腹膜炎や化膿性脊椎炎など重大な病気にかかっている可能性があります。

・排便や排尿が困難

排便や排尿に障害が起きていたら椎間板ヘルニアのほか、女性の場合は子宮の異常なども考えられます。

腰痛は何科に行けば良い?

症状によって診てもらう医療機関が異なるため、下記を参考に何科で診療を受けるかを選んでみてください。

・痛みや麻痺、足に力が入らない

痛みや痺れなどを感じる場合は、骨や軟骨など運動器の疾患を扱う整形外科で診てもらうようにしてください。ぎっくり腰やひどい筋肉痛なども同じです。

・発熱やしびれを伴う場合

この場合、ウイルス性の病気にかかっている可能性があります。腰痛のほか発熱、体中の痛みなどの症状がある場合は、内臓の疾患を専門とする内科を受診しましょう。

・排便や排尿が困難なとき

排便や排尿が困難な場合、膀胱や子宮に異常があるかもしれません。尿路や生殖器などを担当する泌尿器科や子宮をはじめ女性のカラダを専門に扱う婦人科を受診すると良いでしょう。

ただし上記はあくまでも一例であるため、症状が複雑でどこに行くべきが迷ったときは多くの科がある総合病院に行くと良いでしょう。

仕事など普段の生活が忙しくて、なかなか病院へ行けない人も多いかもしれませんが、腰痛は場合によっては別の病気の可能性もあります。辛いときは我慢せず、適した科で受診するようにしてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カラダファクトリーの
こだわり

カラダファクトリー独自のA.P.バランス®理論に基づいた独自の技術

顧客満足度97.96%(※)のカラダファクトリー独自のA.P.バランス®理論で首(第一頸椎)と骨盤のバランスを本来あるべき理想的な形に戻します。短時間で信頼感のある技術です。

お客様の健康を考えた親切丁寧なカウンセリング

カラダファクトリーでは、丁寧なカウンセリングで根本原因を探り、重点的にケアする箇所を導き出します。自律神経にアプローチし、痛みの自覚症状が出にくい身体作りのきっかけを熟練技術でサポートいたします。


※自社調べ。(カラダファクトリーおよびファミリーサロンにおいて、2014年2月6日~2月16日、3回以上施術を受けたお客様2,699人に、施術後の店頭アンケートにて実施。)

カラダファクトリーについて

初めてのご利用の方へ。カラダファクトリーの特長とこだわりをご紹介

お気に入り店舗

    店舗ページから、「お気に入り店舗に追加する」ボタンを押してご登録いただくと、次回からのご予約などがスムーズに行えるようになります。

    お気に入り店舗は3件まで登録できます。
    1件目が消されますが、
    お気に入り店舗を登録しますか?

    最近ご覧になった店舗