整体・骨盤ジャーナル

生理痛をやわらげるために骨盤をケアしよう

生理痛をやわらげるために骨盤をケアしよう
腹部や下腹部、腰に痛みを感じるという人から、頭痛や肩こりがひどくなるという人まで、生理のときの痛みや症状は人によって異なります。生理痛の理由もいろいろで、その中には骨盤の歪みからきていると考えられるものもあります。生理痛を少しでもやわらげるために、痛みの理由やそのケア方法を解説します。

 

生理痛が起こる理由

まず生理痛が起こる理由にはどんなものがあるのか知っておきましょう。それにより有効な対策も変わってきます。

プロスタグランジンの分泌

プロスタグランジンは生理痛と関係の深い物質です。 生理中は経血を外に押し出そうとして子宮が収縮します。このとき、子宮を収縮させるために子宮内膜から分泌されるのが、プロスタグランジンというホルモンに似た生理活性物質です。

このプロスタグランジンが過剰に分泌されると、子宮が強く収縮して下腹部に痛みが生じることがあります。また、子宮だけでなく、胃を収縮させる作用もあるので、胃の不快感や吐き気をもよおすという人もいます。さらにプロスタグランジン自体にも痛みを強める作用があり、血液中を流れて全身を巡ると頭痛や肩こり、腰痛などを招くケースもあります。

未成熟のため子宮口が狭い

経血を排出する子宮口が狭いことも痛みがひどくなる原因の一つに挙げられます。

若い女性の場合はまだ子宮が未成熟で、子宮口が狭く硬い場合があります。すると経血を排出させるために、より強く子宮を収縮させなければならず、プロスタグランジンが多く分泌されます。このような未成熟による生理痛は、カラダがしっかりと成熟するにつれて痛みも軽減されていくことが多いでしょう。

血行不良

プロスタグランジンが長く血液中にとどまるほど、プロスタグランジンの痛みをもたらす作用も続くことになります。そのためいわゆるドロドロ血だったり、冷え性だったりして血行が悪くなっていると、その分痛みを感じやすくなります。姿勢の悪さや衣服の締め付けも血行不良を招くことがあります。

カフェインやニコチンの影響

コーヒーを飲むとリラックスできるという人もいますが、カフェインには血管を収縮させる作用があるので注意が必要です。生理中はカフェインが含まれていないハーブティーなどを飲むようにしましょう。

また、ニコチンにも血管を収縮させる作用があります。喫煙は女性ホルモンのバランスを乱すとも言われています。少なくとも生理中はタバコも控えた方が良いでしょう。

骨盤の歪み

骨盤の歪みも生理痛と関係があると言われています。

骨盤と子宮は靭帯によって結ばれていて、骨盤がゆがんでいると子宮が引っ張られるような形になります。子宮は筋肉でできているので引っ張られると硬くなり、そのために経血の排出がスムーズにいかずにプロスタグランジンの分泌が多くなって痛みが増すと考えられています。この場合は骨盤の歪みを矯正すると痛みがやわらぐ可能性があります。

 

生理痛ではなく疾患の可能性も

生理痛の中でも日常生活に支障をきたすような場合は「月経困難症」と呼ばれ、治療の対象となります。月経困難症には「機能性月経困難症」と「器質性月経困難症」があります。

このうち、「機能性月経困難症」は明らかな原因となる疾患が見つからないものを言い、プロスタグランジンの分泌量が多い、あるいは子宮の未成熟などが要因となっていると考えられます。一般的に思春期から20代前半に多い生理痛です。

一方、「器質性月経困難症」とは、原因となる疾患が認められるものを言います。具体的には「子宮内膜症」「子宮筋腫」「子宮腺筋症」などが該当します。また、骨盤部の静脈が太くなって蛇行し、その部分に血液が溜まることで引き起こされる「骨盤内うっ血症候群」が原因となっている可能性もあります。これらは病院での治療が必要です。生理痛があまりにひどい場合は、すみやかに婦人科で診察を受けましょう。

 

生理痛を楽にする方法

器質性月経困難症ではなく、なおかつ日常生活に支障をきたすほどではない生理痛を楽にするには、次のようなことを心掛けると良いでしょう。

睡眠をとる

生理痛でつらいときは無理をせず、横になって普段よりたくさん睡眠をとってください。腹部が痛いと人は自然にカラダを丸める体勢をとるものですが、これはお腹を温める効果があって好ましい格好だと言えます。自分にとって最も楽な体勢を探してみると眠りやすくなるでしょう。

カラダを温める

カラダを温めると血行が良くなります。すると血中のプロスタグランジンの作用も軽減できます。生理中はとくに下半身や足元を温めるのが効果的と言われています。足浴をしたり、腰やお腹をカイロで温めたりすると血行を促進できるでしょう。

ストレスをためない

ストレスの原因になりそうなことからはなるべく距離を置いて、リラックスすることを心掛けましょう。生理中は好きな音楽を聞いたり、気の合う友達とおしゃべりをしたり、自分なりの脱ストレス法を探して、ゆったりした時間を過ごすと良いでしょう。

栄養バランスのとれた食事をする

栄養バランスを考えた食事も重要です。体を温めるスープやおかゆ、根野菜、血行を促すとされるビタミンE(かぼちゃ、アーモンド、ごまなど)、貧血に効く鉄分(レバー、まぐろ、小松菜など)などを意識的に摂りましょう。

ストレッチをする

ストレッチも血行を促し、体温を上げ、痛みをやわらげる効果が期待できます。ゆっくりで良いのでカラダを動かしてみましょう。

生理痛のときにおすすめの骨盤をケアするためのストレッチを紹介します。ただし、あまり無理をせず、少しカラダが楽なときにトライしてみましょう。

生理痛のストレッチ

1.仰向けに寝て、写真のように膝の下にこぶし一つ分が入る程度に足を曲げます。 ※足を曲げすぎないように注意。

恥骨の痛みを軽減するストレッチ

2.ゆっくり左右に膝を倒して10秒キープします。骨盤からももにかけて筋肉が伸びていることを意識して行いましょう。こうすることで生理痛を軽減します。

恥骨の痛みを軽減するストレッチ

3.膝を戻して「1」の状態にして、また10秒キープします。この動きを3回行います。


最初に述べたように、生理痛の症状や原因は千差万別です。その中には骨盤の歪みが関係していることもあります。自分の場合はどうなのか、生理中の症状などを振り返ってみて骨盤が気になるときは、整体などの専門家に相談してみることをおすすめします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カラダファクトリーの
こだわり

カラダファクトリー独自のA.P.バランス®理論に基づいた独自の技術

顧客満足度97.96%(※)のカラダファクトリー独自のA.P.バランス®理論で首(第一頸椎)と骨盤のバランスを本来あるべき理想的な形に戻します。短時間で信頼感のある技術です。

お客様の健康を考えた親切丁寧なカウンセリング

カラダファクトリーでは、丁寧なカウンセリングで根本原因を探り、重点的にケアする箇所を導き出します。自律神経にアプローチし、痛みの自覚症状が出にくい身体作りのきっかけを熟練技術でサポートいたします。


※自社調べ。(カラダファクトリーおよびファミリーサロンにおいて、2014年2月6日~2月16日、3回以上施術を受けたお客様2,699人に、施術後の店頭アンケートにて実施。)

カラダファクトリーについて

初めてのご利用の方へ。カラダファクトリーの特長とこだわりをご紹介

お気に入り店舗

    店舗ページから、「お気に入り店舗に追加する」ボタンを押してご登録いただくと、次回からのご予約などがスムーズに行えるようになります。

    お気に入り店舗は3件まで登録できます。
    1件目が消されますが、
    お気に入り店舗を登録しますか?

    最近ご覧になった店舗