整体・骨盤ジャーナル

洋梨体型の原因は骨盤にあり? 洋梨体型の原因とケアする方法を解説

洋梨体型の原因は骨盤にあり? 洋梨体型の原因とケアする方法を解説
日本人女性に多いと言われる洋梨体型。下半身太りと呼ばれることもあるこの肥満体型の原因はどこにあり、どのようにケアしていけば良いのでしょうか。洋梨体型から脱却するために知っておきたいポイントをまとめて解説します。

洋梨体型とは?

洋梨体型とはお尻や太ももなど下半身を中心に皮下脂肪がついている体型のことで、下半身太りとほぼ同義です。皮下脂肪は女性ホルモンによって合成されやすいという特徴があり、洋梨体型は女性に多いことでも知られています。

なお、洋梨体型とは異なり、男性に多いのがりんご体型(またはメタボ体型)です。こちらはお腹まわりに脂肪がついて、全体にぽっこりと丸い肥満体型のことを言います。

洋梨体型の原因とは?

では、そもそもなぜ下半身に集中して皮下脂肪がつき、洋梨体型になってしまうのでしょうか。主な原因を挙げてみましょう。

食べ過ぎ

ストレスが溜まるとついスイーツなどの甘いものを口にしてしまうという人は要注意です。糖質の高いものを食べると血糖値が上がり、インシュリンが糖質を中性脂肪に変えてカラダに皮下脂肪を溜め込んでしまうとされています。カフェなどで「甘いドリンク」を頼んでしまうのも同じ。パンやパスタが好きという人も炭水化物で糖質を摂り過ぎている可能性があります。

また、女性のカラダはもともと、子宮や卵巣などの重要な臓器が集まっている下半身のお腹まわりに脂肪がつきやすいという特徴があると言われています。食べ過ぎるとすぐに下半身太りをしてしまうのは、寒さや外部からの衝撃から重要な部位を守るためとも考えられます。

むくみ

下半身が太るのは皮下脂肪がつくためですが、そこにむくみが加わっていることもよくあります。むくみの原因として考えられるのは塩分の摂り過ぎです。夕方になると太ももやふくらはぎがむくんでしまうという人は、外食などで塩分を摂り過ぎているのかもしれません。また、甘いもの=糖質もむくみの原因になることがあります。

脚のむくみを放置していると静脈中の血液やリンパ液の停滞が起こり、水分や老廃物が溜まってしまう可能性があります。その結果として、ますます脚がパンパンにむくんでしまい、下半身太りが進行してしまうことも。

運動不足などによる筋肉の衰え

普段あまり運動する習慣のない人、デスクワークが中心の人、移動は徒歩より自転車や車でといった人は、運動不足で一般の人より筋肉量が少なくなっている可能性があります。筋肉量が少ないと代謝が悪くなり、痩せにくい体質になってしまうだけでなく、筋力が衰えると脂肪を支える力が落ち、脂肪はますます下半身に集まることになります。

骨盤の歪み

出産の際に骨盤が開き、その後のケアが十分でないと骨盤が歪んだ状態で固まってしまうことがあります。また、出産を経験していなくても普段の姿勢などが悪くて、骨盤に歪みが見られる人もいます。

骨盤に歪み、ゆるみ、開きが生じると、骨盤の底部にあるハンモック状の骨盤底筋という筋肉の力が衰えて内臓が本来の位置から下に落ち込み、下っ腹がぽっこりと出てしまう可能性があります。さらにお尻や太ももが横に広がってしまったり、血流が悪くなって冷えやむくみの原因になったりすることもあります。

洋梨体型をケアする方法

では、下半身に皮下脂肪がつく洋梨体型はどのようにしてケアしていけば良いのでしょうか。気をつけたいポイントを5つ挙げてみます。

食生活の見直し

ダイエットの基本は食生活の見直しからです。糖質の多い甘いもの、甘いドリンク、炭水化物は控えめに。外食やコンビニ食は塩分が多い傾向があるのでこちらも注意しましょう。

おすすめの食材は野菜類(特に根野菜)、きのこ類、海藻類など。脂質の吸収を抑える働きのあるとされる食物繊維を積極的に摂りましょう。筋トレと並行してたんぱく質も摂取すれば筋肉がつきやすくなります。

ウォーキングやランニングなど有酸素運動をする

脂肪を燃焼させるのに有効と言われるウォーキングやランニング。有酸素運動がカラダに良いことは分かっていても走るのが苦手なら、何か用事を作って徒歩で出かけるようにしてみましょう。さらに体脂肪率が測れる体脂肪計に乗る習慣をつけると、具体的な目標も見えてきます。厚生労働省によると標準的な体脂肪率は男性15~20%、成人女性20~25%前後が目安です。

マッサージをする

マッサージは血流やリンパの流れを良くし、老廃物を取り除いてむくみをケアするのに役立ちます。入浴中や入浴後などに腹部や太もも、ふくらはぎ、お尻をマッサージしてみましょう。マッサージオイルを使うのが定番ですが、入浴時ならマッサージオイル代わりにボディソープを使うこともできます。

筋トレをする

筋トレで筋肉量を増やせば「痩せやすいカラダ」に近づくことができます。マシンやバーベルなどの道具を使わなくても、腕立て伏せ、スクワット、腹筋運動など自宅でできる筋トレもあります。最初は衰えている筋力を徐々に取り戻すことから始めてみましょう。

骨盤矯正の施術を受ける

骨盤の歪みを正しい形、位置に戻す骨盤矯正もおすすめです。プロの手による施術を受ければ、冷えやむくみ、腰痛や肩こりなどの軽減にもつながります。

洋梨体型・下半身太りをケアするストレッチ・トレーニング方法

最後に、洋梨体型・下半身太りをケアするためのストレッチ・トレーニング・マッサージ方法を紹介します。

体幹のトレーニング

体幹を鍛えることで基礎代謝向上につながります。また、姿勢の改善につながります。
  1. 腕立て伏せを行う状態になり、肘を床に付けます。
  2. この状態を30~60秒キープします。
※つらい方は一度膝をついた状態で行いましょう。 ストレッチ

スクワット

下半身の筋肉を鍛えるスクワットは下半身太りに効果的なトレーニング方法です。
  1. 肩幅に足を広げます。 スクワット
  2. 手を頭の後ろにおいた状態で軽くひざをまげていきます。ゆっくりと元の状態に戻ります。
これを30回ほど行います。

お尻歩き

お尻歩きとは床に座った状態でお尻を交互に動かして歩く運動のことです。カラダへの負担が少なく、骨盤周辺の筋肉を鍛えられるだけでなく、関節に動きをつけられるのでカラダのケアをするのに理想的なトレーニングです。
  1. 床に足を伸ばして座って背筋を伸ばします。お尻歩き
  2. お尻で歩くように左右を交互に動かし前進します。腕をよく振るようにしましょう。お尻歩き お尻歩き



洋梨体型の原因はさまざま。そのため複数の方法を組み合わせて行い、少しずつケアしていきましょう。もし、骨盤の歪みが気になる場合は、専門家に相談して施術を受けてみてはいかがでしょうか。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カラダファクトリーの
こだわり

カラダファクトリー独自のA.P.バランス®理論に基づいた独自の技術

顧客満足度97.96%(※)のカラダファクトリー独自のA.P.バランス®理論で首(第一頸椎)と骨盤のバランスを本来あるべき理想的な形に戻します。短時間で信頼感のある技術です。

お客様の健康を考えた親切丁寧なカウンセリング

カラダファクトリーでは、丁寧なカウンセリングで根本原因を探り、重点的にケアする箇所を導き出します。自律神経にアプローチし、痛みの自覚症状が出にくい身体作りのきっかけを熟練技術でサポートいたします。


※自社調べ。(カラダファクトリーおよびファミリーサロンにおいて、2014年2月6日~2月16日、3回以上施術を受けたお客様2,699人に、施術後の店頭アンケートにて実施。)

カラダファクトリーについて

初めてのご利用の方へ。カラダファクトリーの特長とこだわりをご紹介

お気に入り店舗

    店舗ページから、「お気に入り店舗に追加する」ボタンを押してご登録いただくと、次回からのご予約などがスムーズに行えるようになります。

    お気に入り店舗は3件まで登録できます。
    1件目が消されますが、
    お気に入り店舗を登録しますか?

    最近ご覧になった店舗