整体・骨盤ジャーナル

産後の骨盤矯正ベルトはいつからいつまでつければいいの?

産後の骨盤矯正ベルトはいつからいつまでつければいいの?
妊娠すると骨盤がゆるむとされており、産後の一定期間中は骨盤矯正ベルトを使用する人もいます。では、そもそもなぜ骨盤はゆるむのでしょうか。そして骨盤矯正ベルトはいつからいつまでつければ良いのでしょう? 今回は、産後の骨盤のゆるみと骨盤矯正ベルトについて説明します。

 

なぜ産後は骨盤がゆるむの?

産後に骨盤がゆるむのはなぜなのでしょう。主な理由として挙げられるのは次の2つです。

リラキシンの作用で骨盤がゆるむ

リラキシンとは妊娠中に多く分泌される女性ホルモンの一種です。妊娠3ヶ月程度~産後2、3日は卵巣、子宮、胎盤などから分泌され、骨盤をはじめとする各部の関節や筋肉をやわらかくするよう働きかけます。

特に骨盤の関節を支える靭帯のゆるみは顕著になります。さらに骨盤の前後の接合部分である恥骨結合部が広がり、骨盤の仙骨と腸骨をつなぐ仙腸関節もゆるくなるとされています。これらは出産をスムーズにするための変化と考えられています。

筋力の低下で骨盤がゆるむ

妊娠、出産によって骨盤と関連する筋肉もダメージを受けます。骨盤の底には骨盤底筋(深会陰横筋、尿道括約筋、肛門挙筋、尾骨筋)と呼ばれる筋肉があり、膀胱、子宮、直腸などの骨盤内臓を支えています。妊娠中はリラキシンの作用で柔らかくなった骨盤底筋が、子宮内部で大きくなった胎児の体重によって負荷を受けます。

さらに出産時、母体の産道に比べて赤ちゃんが大きかったり、過度にいきんだりすると、骨盤底筋が伸びてしまうこともあるようです。この妊娠、出産による疲弊や損傷によって筋力が落ちると、骨盤のゆるみへとつながる場合があります。

 

骨盤のゆるみを改善する骨盤矯正ベルトとは?

骨盤に関わりのある関節や靭帯、筋肉は、産後2ヶ月~6ヶ月あたりから徐々にもとの固い状態へと戻っていくとされています。このとき注意したいのが、骨盤が開き、後傾状態でかたまってしまうことです。骨盤の歪みが定着すると、その後、腰や股関節の痛み、違和感につながる場合があります。また、後述するように腰痛以外のリスクを招く可能性もあります。

骨盤矯正ベルトとは、こうした産後の骨盤のゆるみ、歪みを改善しながら、適正なもとの状態に戻るようサポートするためのベルトです。柔らかくソフトに骨盤を支えるタイプから、しっかりと骨盤周りを締め付けるタイプ、下着に近い形で履くように装着するタイプまでさまざまな製品があります。

 

骨盤矯正ベルトはいつからいつまで?

赤ちゃんが産まれてすぐに骨盤矯正ベルトを使い始めれば、その分早く骨盤のゆるみが改善されることが期待できます。ただし、出産してしばらくは悪露(子宮から排出される血液など)が出たり、体力がまだ十分に回復していなかったりという時期が続きます。産後1ヶ月くらいは慌てることなく、まずカラダを休めることを優先しましょう。骨盤矯正ベルトを日常的に使用するのはそれからでも遅くありません。また帝王切開をした場合は、一般的に傷口が癒える産後2ヶ月くらいからを目安にしてください。

一方、産後6ヶ月を過ぎると、骨盤周辺の関節や靭帯がかなり固くなってきて、今度は骨盤矯正が簡単に進まなくなってきます。すなわち骨盤矯正ベルトでケアするのに最適な時期は、通常の出産なら産後1ヶ月~6ヶ月くらいが目安となるでしょう。

 

骨盤がゆるんだままだと起こる腰痛以外のリスクは?

骨盤のケアをせず、ゆるんだまま放置していると、腰痛や股関節痛、坐骨神経痛以外にも、次のようなリスクが生じるおそれがあります。

ぽっこりお腹

骨盤がゆるんでいると、胃や腸などの内臓が骨盤の中に落ち込みやすくなります。いわゆる内臓下垂と呼ばれる状態で、本来は骨盤と骨盤周辺の筋肉によって支えられているはずの内臓の位置が下にズレていきます。

加えて筋肉も衰えていれば、下腹部に溜まるように下がった内臓を抑え込めなくなり、下っ腹が前にぽっこりと出ることになってしまいます。また、骨盤に歪みがあると姿勢も悪くなり、カラダのラインが崩れてスタイルが悪く見える可能性があります。

肩こり

骨盤がゆるんでいたり、ゆがんだ状態でかたまったりすると、骨盤が支えている背骨にも歪みが生じることがあります。背骨は本来、腰の部分で前方へカーブし、胸部付近では後方へカーブしていますが、このカーブが乱れると頭部を支える首周り、肩甲骨周りの筋肉が固くなって肩こりが起きやすくなるとされています。骨盤と背骨を原因とする肩こりは頭部の位置のズレなどを呼び、頭痛などを引き起こすこともあるようです。

むくみ、冷え性

骨盤のゆるみや歪み、ズレなどによってカラダのバランスが崩れてしまうと、やがてむくみや冷え性に悩まされるようになるケースもあります。骨盤は全身の土台とも言える部位ですので、そこがぐらつけば内臓の働きや代謝が低下し、血流が滞りがちになってしまうことも。産後、むくみや冷え性がひどくなったと感じたときは、骨盤のケアを考えるべきかもしれません。

 

産後の骨盤のゆるみを改善するストレッチ・トレーニング方法

産後の骨盤のゆるみを改善するには、骨盤矯正ベルトを使うだけでなく、併せてストレッチやトレーニングを取り入れると効果が期待できます。以下、おすすめのストレッチ・トレーニング方法を紹介しましょう。

おしりのストレッチ

1.仰向けに寝ます。

ストレッチ


2.片足をもう片方の膝に乗せて足を組みます。お腹を凹ませるように意識しましょう。




3.これを30秒キープし、終わった足を入れ替えて反対側も行います。

難しかったら、下記のように手をついて行ってみてください。

ストレッチ


4.これを3セット行ったら完了

腰痛改善につながる猫背のストレッチ

手を組んで上に伸ばして左右に振り、これを10回繰り返します。

ストレッチ

ストレッチ

足首のストレッチ(柔軟性が出て、歩いた時の腰への負担が減ります)

1.椅子に座り、片脚を膝の上で組みます。

ストレッチ


2.組んだ足のつま先を反対側の手で持って、大きく円を描くように足首を外回し、内回し、それぞれ10回まわします。

ストレッチ


3.反対の足も同様に行います。

腰に負担をかけずに腰をひねるストレッチ(腰をねじる可動域を広げることが目的)

1.仰向けで寝た状態で脚を90度に曲げます。

ストレッチ

ストレッチ


2.脚をくっつけた状態で左右交互に倒します。これを1~3分の間繰り返してください。



倒すときに息を吐き、戻すときに息を吸って動きに呼吸を合わせることで、より骨盤底筋や横隔膜の協調性を上げられる可能性があります。



産後、骨盤矯正ベルトを使用するときは、上記を参考に適切な時期を見きわめましょう。その際、併せて骨盤のゆるみを改善するストレッチやトレーニングを実践する方法もあります。また、骨盤矯正の施術を受ければ、よりきめ細やかな骨盤ケアができるでしょう。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カラダファクトリーの
こだわり

カラダファクトリー独自のA.P.バランス®理論に基づいた独自の技術

顧客満足度97.96%(※)のカラダファクトリー独自のA.P.バランス®理論で首(第一頸椎)と骨盤のバランスを本来あるべき理想的な形に戻します。短時間で信頼感のある技術です。

お客様の健康を考えた親切丁寧なカウンセリング

カラダファクトリーでは、丁寧なカウンセリングで根本原因を探り、重点的にケアする箇所を導き出します。自律神経にアプローチし、痛みの自覚症状が出にくい身体作りのきっかけを熟練技術でサポートいたします。


※自社調べ。(カラダファクトリーおよびファミリーサロンにおいて、2014年2月6日~2月16日、3回以上施術を受けたお客様2,699人に、施術後の店頭アンケートにて実施。)

カラダファクトリーについて

初めてのご利用の方へ。カラダファクトリーの特長とこだわりをご紹介

お気に入り店舗

    店舗ページから、「お気に入り店舗に追加する」ボタンを押してご登録いただくと、次回からのご予約などがスムーズに行えるようになります。

    お気に入り店舗は3件まで登録できます。
    1件目が消されますが、
    お気に入り店舗を登録しますか?

    最近ご覧になった店舗