整体・骨盤ジャーナル

産後の尿もれの原因と対処法について解説

産後の尿もれの原因と対処法について解説
産後、お腹に力を入れた際に尿もれをしてしまった……そんな経験をする人は少なくありません。産後に尿もれが起きるようになるのはなぜなのでしょうか。効果的な対処法はあるのでしょうか。 大切なのは1人で悩みを抱え込まないこと、そしてケアの仕方を知ることです。産後の尿もれの原因や対処法を解説していきます。

 

産後の尿もれはどんな時に起こるの?

産後の尿もれは、日常生活の中でのちょっとした動作をした時に起こります。よくあるのは咳やくしゃみをした時、あるいは重いものを持った時やジャンプした時なども尿もれが起きがちです。

このような、お腹に力が入った時に起こる尿もれを「腹圧性失禁」と呼びます。女性の尿失禁の中では最も多いのが腹圧性失禁であり、産後の尿もれのほとんどがこのケースだと言われています。失禁には年齢が関係あると思われがちですが、出産後は年齢に関係なくどんな人でも経験する可能性があります。 症状はごくまれに少量だけ漏れるという人もいれば、ズボンが濡れてしまうほどの量が漏れるために尿もれパッドが必需品だという人もいて程度はさまざまです。

 

産後の尿もれの原因

ではなぜ産後に尿もれが起きやすくなるのでしょうか。簡単に言えば出産によって骨盤底に大きな負担がかかるためです。

妊娠中も多くの人が尿もれを経験します。これは大きくなった子宮が膀胱を圧迫するためです。そしてこの時点ですでに骨盤の底にある骨盤底筋には継続的な負荷がかかっています。骨盤底筋は骨盤を下からハンモックのような格好で支えている筋肉群で、子宮や膀胱、直腸などの臓器を支えています。通常、便意や尿意があるとゆるんで排泄モードに入ります。

分娩時にはさらにこの骨盤底筋がダメージを受けます。骨盤底筋や周囲の筋膜が伸びたり断裂したり、神経が損傷することもあります。すると骨盤内の臓器が垂れ下がり、尿道を締める力も低下して尿もれなどのトラブルにつながります。

 

産後に尿もれしやすい人

分娩の時間が長かったなどの理由で骨盤底筋に強い負荷がかかった人ほど、産後尿もれしやすくなる傾向にあるとされています。

たとえば3,500g以上の大きな赤ちゃんを産んだ場合や、3人以上お産を経験した場合は骨盤底筋も相応のダメージを受けていると考えられます。また吸引分娩や鉗子分娩も骨盤底筋、周辺の筋肉、神経などを傷つけることがあります。それらによって骨盤底筋がやわらかくなっている人ほど、尿もれが起きやすくなっている可能性が高いと言えます。

もっとも、妊娠中から産後にかけて尿もれを経験する人が半数以上いるといった結果を示している調査も多いです。なかなか人には言いづらい症状なので、ママ同士であっても話す機会はないかもしれませんが、実際には出産を経験した人の多くがこの問題に悩まされています。

 

産後の尿もれの対処法

産後の尿もれは時期が過ぎれば自然におさまっていくというケースもあります。しかし、そのまま何年も症状が続き、さらには中高年になって悪化するという人もいるので油断は禁物です。産後の尿もれには何らかのケアが必要と考えておきましょう。以下、産後に自分でできる対処法を紹介します。

カラダを休める

まず、産後すぐはよくカラダを休めましょう。通常、骨盤底筋は分娩から1~2ヶ月かけて回復していきます。カラダの回復力を十分に発揮させるにはしっかりと食べ、睡眠をとり、できるだけ横になって休養することが重要です。

この時期は運動をしたり重いものを持ったりするのも避けるよう心掛けてください。ガードルやコルセット、骨盤矯正ベルトなども産後1ヶ月程度は使用しない方が良いでしょう。

骨盤底筋トレーニングをする

産後1~2ヶ月が過ぎ、会陰の痛みもおさまってきたら骨盤底筋トレーニングを始めます。ただし、時期についてはセルフジャッジするのではなく、医師に相談して決めるようにしてください。

骨盤底トレーニングとは骨盤底筋の筋力を取り戻し、ゆるみをなくして尿もれを防ぐことを目的として行うトレーニングのことです。さまざまな方法が考案されていますが、基本となるのは、

1.骨盤底筋(肛門と膣を意識する)をぎゅっと締める

2.そのままキープ

3.力を抜いて骨盤底筋をゆるめる

という動きを繰り返すものです。骨盤底筋トレーニングは1日2回、10分ずつ程度で良いので、毎日継続して行うことが大事と言われています。骨盤底筋トレーニングをするのとしないのとでは、その後の骨盤底筋の回復具合に大きな差がつくという専門家の意見もあります。

 

尿もれをケア! 骨盤底筋のストレッチ&トレーニングの方法

最後に、尿もれケアに役立つ骨盤底筋ストレッチ・トレーニングの方法を紹介します。自宅で簡単にできるものばかりなので、まずは試しに始めてみましょう。

骨盤底筋のストレッチ

1.仰向けに寝て、写真のように膝の下にこぶし一つ分が入る程度に足を曲げます。

恥骨の痛みを軽減するストレッチ 2.ゆっくり左右に膝を倒して10秒キープします。骨盤からももにかけて筋肉が伸びていることを意識して行いましょう。

恥骨の痛みを軽減するストレッチ

3.膝を戻して「1」の状態にして、また10秒キープします。この動きを3回行います。

仰向けで行う簡単な運動①

1.仰向けで寝た状態で脚を90度に曲げます。

仰向けで行う簡単ストレッチ①

仰向けで行う簡単ストレッチ

2.脚をくっつけた状態で左右交互に倒します。これを1~3分の間繰り返してください。

仰向けで行う簡単ストレッチ

仰向けで行う簡単な運動②

1.仰向けで寝た状態で脚を90度に曲げます。

2.その状態でお尻を上げ30秒間キープします。




産後の尿もれが気になった時は、骨盤底のトレーニングを中心としたケアを行うことをおすすめします。またトレーニングをしてもなかなか尿もれがおさまらず、長引くような場合は医師による診断を受けるようにしましょう。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カラダファクトリーの
こだわり

カラダファクトリー独自のA.P.バランス®理論に基づいた独自の技術

顧客満足度97.96%(※)のカラダファクトリー独自のA.P.バランス®理論で首(第一頸椎)と骨盤のバランスを本来あるべき理想的な形に戻します。短時間で信頼感のある技術です。

お客様の健康を考えた親切丁寧なカウンセリング

カラダファクトリーでは、丁寧なカウンセリングで根本原因を探り、重点的にケアする箇所を導き出します。自律神経にアプローチし、痛みの自覚症状が出にくい身体作りのきっかけを熟練技術でサポートいたします。


※自社調べ。(カラダファクトリーおよびファミリーサロンにおいて、2014年2月6日~2月16日、3回以上施術を受けたお客様2,699人に、施術後の店頭アンケートにて実施。)

カラダファクトリーについて

初めてのご利用の方へ。カラダファクトリーの特長とこだわりをご紹介

お気に入り店舗

    店舗ページから、「お気に入り店舗に追加する」ボタンを押してご登録いただくと、次回からのご予約などがスムーズに行えるようになります。

    お気に入り店舗は3件まで登録できます。
    1件目が消されますが、
    お気に入り店舗を登録しますか?

    最近ご覧になった店舗