整体・骨盤ジャーナル

生理前のひどい腰痛…月経前症候群(PMS)の対処法

生理前のひどい腰痛…月経前症候群(PMS)の対処法
女性のカラダは生理が近づくとさまざまな不調を感じることがあります。中には、ひどい腰痛が現れたり、腰まわりにだるさを感じたりするという方もいるようです。
このような腰痛をはじめとする生理前の不調のせいで生活に支障が出てしまう場合には「月経前症候群(PMS)」の可能性が疑われます。多くの女性が悩まされているといわれる月経前症候群の病態について、その原因や対処法を一緒に勉強していきましょう。


生理前の腰痛の原因


生理が始まってから起こる生理痛とは別に、生理が始まる前に腰が重だるくなったり腰痛がひどくなったりする場合、月経前症候群(PMS)の可能性が疑われます。

女性の体内では、排卵後から生理前になるとプロゲステロン(黄体ホルモン)やプロスタグランジンが分泌されていて、それがほてりやむくみ、便秘といった妊娠初期と同じような症状を引き起こしたり、生理前の腰痛や下腹部痛などの痛みに関与したりするのではないかといわれていますが、実際にははっきりとした原因はまだ明らかになっていません。


月経前症候群(PMS)とは


月経前症候群というのは、生理が始まる2日から2週間くらい前から起こる腰痛や腹痛、イライラなどをはじめとするさまざまなカラダの不調のことで、PMS(プレ・メンストラル・シンドローム)とも呼ばれています。生理のある女性のうち実に70%以上の方が生理前に何らかの症状を自覚するといわれていますが、月経前症候群(PMS)は日常生活に支障をきたすほどの重い症状のケースも多いそうです。

残念ながらまだはっきりとした原因は明らかになっていませんが、黄体ホルモンと呼ばれる女性ホルモンの分泌量が生理前に増えて、生理が始まると急激に減少することから、月経前症候群(PMS)にはこの黄体ホルモンをはじめとする女性ホルモンが何らかの関与をしているのではないかと考えられています。


月経前症候群(PMS)の症状


月経前症候群(PMS)の症状は、心とカラダの両方に現れるといわれています。例えば、カラダに現れる症状としては腰痛のほかに、下腹部痛や肩こり、胸の痛みや張り、頭痛、眠気、肌荒れ、むくみ、倦怠感、不眠、便秘、下痢、体重の増加、食欲減退、微熱などが代表的です。

また、心に現れる症状としては、イライラしたり、気持ちが沈んでしまったりといった精神的な不安定さのほか、無気力、集中できないなどの状態になることがあります。このような症状の現れ方は人によってもさまざまで、同じ人でも月によって症状が異なることも珍しくありません。

月経前症候群(PMS)は、生理が始まると症状がなくなるのが特徴で、生理が始まっても症状が続く場合には「月経困難症(生理痛)」の可能性が疑われます。


月経前症候群(PMS)の対処法


月経前症候群(PMS)の症状や程度については大きな個人差がありますが、人によっては仕事や家事などの日常生活に支障をきたしてしまうこともあるようです。
では、実際に月経前症候群(PMS)になった場合どのように対処したらよいのか、その方法を詳しくみていきましょう。

PMSであることを認識する

生理前になるとイライラしたり、気分が落ち込んでしまったり、感情のコントロールがうまくいかずに自分が自分でないように感じてしまう人は多いものです。理由もなく怒ったり、鬱っぽくなったりすることに対して自己嫌悪してしまう人もいるでしょう。

ですがここで大切なのが、まずは自分が月経前症候群(PMS)であることをきちんと認識することです。PMSは自分の努力ではどうすることもできない病気の一種です。PMSであることをきちんと理解することが、セルフケアの第一歩につながります。

ストレスをためない

PMSはストレスがその症状を悪化させてしまうことがあるといわれているため、まずはストレスをためない生活を心掛けましょう。PMSの症状が現れ始めたら、いつも以上にリラックスしてゆったりと過ごすことが大切です。

適度な運動をする

適度な運動をすると代謝がアップして体の血行が良くなるため、むくみや冷えなどの不快な症状が軽減されるだけでなく「幸せホルモン」と呼ばれるセロトニンの分泌が活発になり、ストレスや気分の落ち込みを和らげてくれる効果も期待できます。

バランスの良い食事を心がける

生理前は体重が増えやすく、肌荒れしやすい時期でもあるため、いつも以上にバランスの良い食生活を心掛けましょう。脂っこいものや糖分の多いものは体の疲れや肌荒れなどの原因にもなるため、この時期は摂取を控えるのがおすすめです。

婦人科を受診する

PMSの症状が長引いたり重かったりする場合には、迷わず婦人科を受診し治療しましょう。子宮や卵巣などの婦人科系の病気や、脳血管の異常がないことをきちんと確認した上で、PMSかどうかの診断をしてもらうことが大切です。PMSであることが分かったら、症状に応じて漢方薬などの薬を処方してもらっても良いでしょう。


生理前の辛い腰痛は、月経前症候群(PMS)かもしれません。まずは上記の内容を参考にした上で、痛みなどの症状がひどい場合には我慢をせずに早めに医師へ相談することをおすすめします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カラダファクトリーの
こだわり

カラダファクトリー独自のA.P.バランス®理論に基づいた独自の技術

顧客満足度97.96%(※)のカラダファクトリー独自のA.P.バランス®理論で首(第一頸椎)と骨盤のバランスを本来あるべき理想的な形に戻します。短時間で信頼感のある技術です。

お客様の健康を考えた親切丁寧なカウンセリング

カラダファクトリーでは、丁寧なカウンセリングで根本原因を探り、重点的にケアする箇所を導き出します。自律神経にアプローチし、痛みの自覚症状が出にくい身体作りのきっかけを熟練技術でサポートいたします。


※自社調べ。(カラダファクトリーおよびファミリーサロンにおいて、2014年2月6日~2月16日、3回以上施術を受けたお客様2,699人に、施術後の店頭アンケートにて実施。)

カラダファクトリーについて

初めてのご利用の方へ。カラダファクトリーの特長とこだわりをご紹介

お気に入り店舗

    店舗ページから、「お気に入り店舗に追加する」ボタンを押してご登録いただくと、次回からのご予約などがスムーズに行えるようになります。

    お気に入り店舗は3件まで登録できます。
    1件目が消されますが、
    お気に入り店舗を登録しますか?

    最近ご覧になった店舗