整体・骨盤ジャーナル

ぽっこりお腹の原因は姿勢にあり? その理由と改善方法

ぽっこりお腹の原因は姿勢にあり? その理由と改善方法
それほど太っていないけれど、お腹だけがぽっこりと出てしまう症状に悩んでいませんか。ぽっこりお腹の原因としては、肥満、便秘などが挙げられますが、普段の姿勢が悪いことでもお腹が出やすくなってしまいます。そこで今回はぽっこりお腹の理由と改善方法を紹介します。

姿勢がよくないとなぜぽっこりお腹に?

「姿勢とぽっこりお腹なんて無関係では」と思われるかもしれませんが、実は姿勢が悪いと特定の場所に脂肪が付着しやすくなるだけでなく、骨盤の歪みによって内臓が垂れ下がる症状を引き起こすなど、ぽっこりお腹になりやすい要因がたくさんあります。

猫背により筋力が低下して脂肪がつく

猫背になると自然とお腹周りの筋肉が緩んだ状態となり、筋力が低下してしまいます。デスクワークなどで背中が丸まってしまう女性は要注意で、普段から猫背の姿勢が続いてしまうと、お腹の筋肉が緩みっぱなしになり、徐々に脂肪が蓄積されてきます。またお腹周りの筋肉が衰えると、腸の機能が低下し、便秘やガスだまりなど、脂肪以外の原因でぽっこりお腹になることもあります。

代謝が落ちて脂肪がつく

人は筋肉を使うことでエネルギーが使われますから、必要以上のエネルギーを供給しても、使われない分は脂肪となって蓄積されていきます。姿勢が悪いとお腹周りの筋肉を使うことができず、脂肪だけがたまっていきます。また、姿勢が悪いとカラダのバランスが乱れてしまい、内臓機能が十分に働かなくなります。そのため消化や吸収の機能も低下し、基礎代謝が落ちてしまう可能性があります。このように、悪い姿勢には代謝を落としてしまう要因がたくさんあることがわかります。

骨盤の歪みによる内臓下垂

姿勢が悪いと、カラダの土台である骨盤が歪みやすくなります。骨盤の歪みは筋肉のバランスを悪くするだけでなく、内臓が垂れ下がってしまう危険もあり、脂肪ではなく腸などの内臓が下にたまってぽっこりお腹になっているケースもあります。  

姿勢をよくするメリット

姿勢をよくすることは、単にぽっこりお腹を解消させることだけではなく、カラダのさまざまな機能を回復させる役割もあります。姿勢をよくすることで以下のようなメリットがあります。

筋力がバランスよく保たれる

猫背の場合は背中の筋肉が張ってしまい、逆にお腹の筋肉がユルユルという不均衡な状態ですが、姿勢を正すことで背中とお腹の筋肉がバランスよく使われ、ぽっこりお腹の改善だけでなく、腰痛や肩こりの防止にもつながります。

基礎代謝の向上につながる

筋肉がバランスよく使われると、エネルギーが効率よく消費されて痩せやすい体質になります。また内臓の消化吸収の機能も向上し、基礎代謝が向上し、無駄な脂肪がつきにくいカラダになります。

集中力アップにつながる

姿勢がよくなると疲れにくいカラダになります。肩こり、腰痛、頭痛や目の疲れなども軽減し、それだけ仕事や勉強に集中することができます。また、よい姿勢は胸が広がり、呼吸が楽になるだけでなく酸素を効率的に体内に取り入れることができます。酸素がたくさん供給されると脳はより活性化し、集中力アップにつながると言えるでしょう。  

正しい姿勢とは?

それでは、ぽっこりお腹になるのを防ぐための正しい姿勢とはどんなものでしょうか。

立つときの正しい姿勢

最近では立ったままスマートフォンを操作している光景もよく目にするようになり、前傾姿勢の猫背になる人が多くなってきました。前傾姿勢や猫背はもちろんぽっこりお腹の原因になってしまいます。しかし胸を張りすぎて反り腰になるのもよくありません。自然に背筋を伸ばして、カラダが左右に傾かないような姿勢になるように心がけましょう。

歩くときの正しい姿勢

背筋を伸ばしながら自然に立つことを練習したら、そのままの格好で歩くことを意識しましょう。特に猫背の人は、足をひきずるように歩く人が多く、ちょっとの段差にもつまずいてしまう傾向があります。しっかりとつま先で踏み出し、かかとで着地するようにしましょう。骨盤も意識して、カラダが左右にずれないように歩くことを心がけてください。

座るときの正しい姿勢

座るときはあごを引き、少し胸を張りながら背筋を伸ばすイメージで座りましょう。椅子には深くまで座り、高さを調整して足の裏が床に着くようにしてください。背もたれは少し背中を支える程度にしておき、体重を後ろへかけないように心がけましょう。 長時間座る場合は時々姿勢のチェックを行い、正しい姿勢になるように座り直すとよいでしょう。お腹に少し力を入れながら座ることで常に筋肉が使われることになります。  

正しい姿勢をとるためにお腹周りの筋肉を鍛えよう

正しい姿勢をより楽に保つには、体幹周りの筋肉を鍛えることが近道です。ゆるゆるの筋肉ではよい姿勢を維持するだけでも大変ですから、意識しながら筋力作りも並行して行いましょう。ここではお腹周りの筋肉を鍛えるトレーニング方法について紹介いたします。

大腰筋のトレーニング

1.肩幅より若干狭いスタンスで立ちます。 2.スクワットを15~20回、休憩1分で3セット行います。
※膝を曲げるは90度ぐらい留め、曲げすぎないようにします。また椅子に腰掛ける動作をイメージして、膝を前に突き出さないようにするのがポイントです 3.次は足を内またの状態にして、スクワットを15~20回、休憩1分で3セット行います。内股にすることで、違う筋肉を鍛えることができます。またこちらも膝を曲げる角度は90度ぐらい、膝を前に突き出さないようにしましょう。

腹横筋のトレーニング

1.うつ伏せになり左右の手を肩の下へ置きます。 2.両腕を伸ばし、上体を反らしながら起こします。
※腕は地面につけ、顔は前を向きます 3.右腕を上げながら、左肩を斜め下(地面)へ動かして上体をねじり20秒キープします。
※腸周りに関わる腹筋を意識して行います 4.逆側も同じように繰り返します。

腹斜筋のトレーニング

腹筋をする男性 1. 横になり、少し膝を曲げる。
2. 上側の手は、頭の後ろに添えて胴体は真っ直ぐに保つ。
3. 横になったままゆっくりと上体を起こしていく。
4. そのままおへそを覗き込むように動かす。
5. 限界まで上げたら、3秒間停止する。
6. その後、ゆっくりと元に戻していく。
7. この動作を15回繰り返す。
8. インターバル(30秒)。
9. 残り2セット行う。

姿勢を正すことはぽっこりお腹の改善だけでなく、基礎代謝や集中力の向上、腰痛や肩こり防止など大きなメリットがあります。上記を参考に今一度ご自分の姿勢を見直し、ぽっこりお腹を改善してみてはいかがでしょう。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カラダファクトリーの
こだわり

カラダファクトリー独自のA.P.バランス®理論に基づいた信頼の技術

顧客満足度97.96%(自社調べ)のカラダファクトリー独自のA.P.バランス®理論は首(第一頸椎)と骨盤のバランスを本来あるべき理想的な形に戻します。短時間で効果が期待できる信頼感のある技術です。

お客様の健康を考えた親切丁寧なカウンセリング

カラダファクトリーでは、丁寧なカウンセリングで根本原因を探り、重点的に手技を施す箇所を導き出します。自律神経を整え、痛みの自覚症状が出にくい身体作りのきっかけを熟練技術でサポートいたします。

お気に入り店舗

    店舗ページから、「お気に入り店舗に追加する」ボタンを押してご登録いただくと、次回からのご予約などがスムーズに行えるようになります。

    お気に入り店舗は3件まで登録できます。
    1件目が消されますが、
    お気に入り店舗を登録しますか?

    最近ご覧になった店舗