整体・骨盤ジャーナル

太りにくい体質を手に入れるための生活習慣とトレーニング

太りにくい体質を手に入れるための生活習慣とトレーニング
同じように食事をしていても、すぐに体重に現れてしまう人と、太りにくい人がいますが、両者の体質にはどのような違いがあるのでしょうか。「自分は太りやすい体質だ」と感じているのなら、それを改善するための方法はぜひ知っておきたいものです。そこで今回は、太りにくい体質を手に入れるための生活習慣と、おすすめのトレーニング方法を詳しく解説していきます。  

太りにくい体質とは?

おいしいものが大好きで、特に細かなことを気にせず食事を楽しんでいるのに太りにくい体質の人もいれば、同じように食べただけですぐに体型に現れてしまう人もいます。両者の体質にはどのような違いがあるのでしょうか。太りにくい体質について、主なポイントをまとめてみました。

基礎代謝量が高い

私たちが消費しているエネルギーのうち、何もせずじっとしている時にも消費しているエネルギー量のことを「基礎代謝」と言います。エネルギー代謝は他にも運動や日常生活のなかでカラダを動かす際の「活動代謝」、食べたものを消化・吸収する際の「食事誘導性熱代謝」がありますが、1日の総消費エネルギーのなかで70%を占めるのが基礎代謝です。 つまり、基礎代謝量が高いということは、その分だけカロリーの燃焼も良いわけですから、基礎代謝量の低い人と比べても太りにくくなります。

腸内環境が整っている

私たちの腸内に存在している悪玉菌と善玉菌。そのなかでも抗肥満作用があると言われる善玉菌の「ビフィズス菌」が多く、腸内環境が整っている人は太りにくい体質だと言われています。

姿勢がよい

気を抜くと猫背になってしまっていたり、椅子に座る時に背もたれに体重をかけてしまっていたりする人は要注意。姿勢が悪いと骨盤が歪んでしまったり、新陳代謝が低くなってしまったりすることもあります。反対に、常に良い姿勢を意識していれば、その分カロリーの消費はアップして太りにくくなると考えられます。  

太りにくい体質を手に入れるための生活習慣

体質を改善しようと思ったら、自分自身の生活習慣を見直すことが大切になります。なぜなら、今まで何気なくしていたことや、良かれと思っていたことが、実は太りやすい体質になる原因だったということもあるからです。では、太りにくい体質を手に入れるためには、どのような点に気をつけたら良いのでしょうか。生活習慣のポイントを詳しく見ていきましょう。

継続的な有酸素運動

太りにくい体質を手にいれようと思ったら、運動不足の状態から抜け出すことが必要です。継続的に有酸素運動を行うことで、カロリーの消費がアップします。同時に基礎代謝も上げるのなら、無酸素運動も併せて行うのがおすすめです。

適切な量の食物繊維、乳酸菌をとる

食物繊維には腸内の善玉菌を増やし、脂質の排出を助ける働きがあります。また、食物繊維の豊富な食材を食べると満腹感も得られるため、食べ過ぎを防ぐことも可能です。善玉菌である乳酸菌と食物繊維を意識して摂取することで、腸内環境を整えていきましょう。

間食をしない

朝食、昼食、夕食以外で間食をすると糖質を摂りすぎてしまうことがあります。三食以外で糖質を摂取しすぎないように気をつけましょう。ただし、忙しくて食事と食事の間があいてしまう場合や小腹が空いたときなど、どうしても完食が必要なときには、クルミやアーモンドといった低糖質のナッツを食べるのがおすすめです。

朝は酵素を摂取して夕飯は栄養たっぷりの食事を20時前に!

代謝をスムーズにする働きがある酵素は、胃が空っぽの朝に摂取するのがおすすめです。生野菜や発酵食品など酵素たっぷりの朝食を心がけましょう。また、夜は栄養のバランスを考えて低糖質な食事がおすすめです。

十分な睡眠をとる

太りにくい体質を手に入れるためには、睡眠にもこだわることが大切です。質の良い睡眠をたっぷりと取ることで、自律神経を整えてくれるだけでなく、食欲を抑える「レプチン」という満腹ホルモンの分泌が促されます。

たんぱく質をとる

たんぱく質はエネルギーの消費を促してくれます。食事の時には豆腐類や鶏肉など高タンパク質な食事を意識しましょう。  

太りにくい体質を手に入れるためのトレーニング

太りにくい体質は日々のトレーニングによって手に入れることができます。ポイントは基礎代謝量のアップにつながる運動を行うこと。ここでは、おすすめメニューのひとつであるスクワットについて、詳しいトレーニング方法をご紹介します。

1.肩幅より若干狭いスタンスで立ちます。 2.スクワットを15~20回、休憩1分で3セット行います。
※膝を曲げるのは90度ぐらい留め、曲げすぎないようにします。また椅子に腰掛ける動作をイメージして、膝を前に突き出さないようにするのがポイントです 3.次は足を内またの状態にして、スクワットを15~20回、休憩1分で3セット行います。 内股にすることで、違う筋肉を鍛えることができます。またこちらも膝を曲げる角度は90度ぐらい、膝を前に突き出さないようにしましょう。 いろいろなダイエットを試しているのになかなか効果が現れないと、心が折れそうになってしまうものです。そんなときには、日々の生活習慣を見直してみてはいかがでしょうか。バランスの良い食事や適度な運動など、上記の内容を参考にして太りにくい体質を手に入れましょう。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カラダファクトリーの
こだわり

カラダファクトリー独自のA.P.バランス®理論に基づいた信頼の技術

顧客満足度97.96%(自社調べ)のカラダファクトリー独自のA.P.バランス®理論は首(第一頸椎)と骨盤のバランスを本来あるべき理想的な形に戻します。短時間で効果が期待できる信頼感のある技術です。

お客様の健康を考えた親切丁寧なカウンセリング

カラダファクトリーでは、丁寧なカウンセリングで根本原因を探り、重点的に手技を施す箇所を導き出します。自律神経を整え、痛みの自覚症状が出にくい身体作りのきっかけを熟練技術でサポートいたします。

お気に入り店舗

    店舗ページから、「お気に入り店舗に追加する」ボタンを押してご登録いただくと、次回からのご予約などがスムーズに行えるようになります。

    お気に入り店舗は3件まで登録できます。
    1件目が消されますが、
    お気に入り店舗を登録しますか?

    最近ご覧になった店舗