整体・骨盤ジャーナル

むくみ・冷え・水太りの原因? 水毒を改善法・予防法

むくみ・冷え・水太りの原因? 水毒を改善法・予防法
私たちのカラダはおよそ60%が水分でできており、私たちが生きていく上で水は欠かせないものです。ところが、その「水」が正しく代謝されずに体内で滞ってしまうと、「水毒」が起こってしまうことがあります。慢性的にカラダが冷えていたり、むくみが気になったり、なんとなくだるさが抜けなかったり、夏のさまざまなカラダの不調はこの「水毒」が原因というケースも。
今回はむくみや冷えを引き起こす「水毒」について、一緒に勉強していきましょう。

水毒とは? どんな症状がある?

漢方など東洋医学の世界では、余分な水分が体内で滞ってしまう状態を「水毒(すいどく)」と呼びます。では、具体的に水毒にはどのような症状があるのでしょうか。詳しく見ていきましょう。

むくみ

余分な水分が体外に排出されていないことで、足や手、顔などがむくんでしまうことがあります。自分がむくんでいるかよく分からないという人は、足の脛を指で押してみてください。ポコっと凹んだままの跡がついたら要注意。むくんでいる証拠です。

だるさ

熱があるわけでもないのになんとなく体調がすっきりしない、カラダが重たく感じてやる気が起きないなど、倦怠感も水毒の症状のひとつだとされています。

頭痛・めまい・動悸

体内の水分が排出されずに代謝異常の状態が続くと、頭痛やめまい、動悸などの症状が現れることがあります。これも水毒の代表的な症状だと言われています。

イライラする

東洋医学では、余分な水が体内に滞ると、イライラや不安などの特徴的な感情が生まれやすいと言われています。

冷え

暑い夏でも手や足の指先が冷たい場合には、水毒による冷えが起こっている可能性が考えられます。

朝起きることが難しくなる

水毒によって代謝バランスが崩れると、ぐっすり眠ったはずなのに朝すっきり起きられないという症状が現れる場合もあります。

口が渇く

水分を摂取しても喉の渇きを覚えるという症状も水毒のサインのひとつだとされています。

生理不順

東洋医学の概念では「気」「血」「水」の3つのバランスが保たれてこそ健康を維持できると考えられています。体内に余分な水分が蓄積される水毒の状態では、そのバランスが崩れてしまい、生理不順などが起こることもあるとされています。

水毒のチェック方法

水毒の症状は人によってさまざまですが、上記した症状のうち3つ以上該当する人や、どれかの症状が特に強い人は、水毒の可能性があります。症状に悩まされている人は、日本東洋医学会が認定する漢方専門医などに相談してみるのも選択肢のひとつでしょう。

水毒の原因

飲み物や食事から摂取した水分が尿や汗などで排出されずに、余分に体内へ蓄積されてしまうと「水毒」と呼ばれる状態に陥ることがあります。では、なぜ水毒になってしまうのでしょうか。その主な原因について詳しく見ていきましょう。

運動不足

運動不足によって筋肉量が低下してしまうと、体内の水分が冷えて循環が悪くなり、余分な水分が排出されにくくなってしまうのです。

睡眠不足

睡眠不足の状態が続くと発汗や体温をコントロールする「自律神経」と呼ばれる神経の働きが悪くなることがあります。自律神経は代謝にも大きく影響するため、その働きが悪くなることで体内に余分な水分が蓄積されてしまうことも。

エアコン(冷房)

夏にエアコンの効いた室内で長時間過ごしていると、私たちのカラダにもともと備わっている体温調節機能が乱れやすくなってしまいます。その結果、汗をかかなくなってしまったり、カラダが冷えてしまったりして、体内の水分バランスが崩れてしまうこともあります。

飲み物の過剰摂取

夏場の水分補給は熱中症を防ぐためにも大切ですが、冷たい飲み物を一気飲みしてしまうと、カラダが冷えてしまうだけでなく、体内の水分バランスが乱れて水毒の状態を引き起こす可能性があります。

筋力の低下

筋肉というのは体内の循環を助けるポンプの役割をしているため、運動不足などさまざまな原因で筋力が低下してしまうと、血液循環が円滑に行われなくなってしまいます。その結果として、余分な水分が排出されづらくなってしまうことがあります。

水毒の対処法

東洋医学の世界で、カラダのさまざまな不調の原因と考えられている「水毒」は、生活習慣を少し見直すことで予防・改善につながる可能性があります。では、その具体的な対処法を詳しく見ていきましょう。

水分を取り過ぎない

美容や健康のためにも水分はたくさんとった方が良いと思われがちですが、私たちが1日で体外へ排出する水分はおよそ2.3Lですから、その分を補う程度に留めることが適切だといえるでしょう。一般的に食事で摂取できる水分量は0.8L程度なので、残りの1.5Lを飲料によって補給するのが目安です。その際、一気にまとめて飲まないこと、冷たい飲み物は避けることも忘れずに。夏場であっても白湯や常温の水などを飲むと良いでしょう。

適度な運動(筋トレ)

デスクワークなどで座っている時間が長い人は、どうしても運動不足になってしまいがちです。新陳代謝に必要な筋肉をつけるためにも、適度な運動を日々の生活に取り入れるようにしましょう。

体温調整のための衣服を用意

夏場はエアコンの効いた場所が多いため、カラダがどうしても冷えてしまいがち。カーディガンやストールなど、体温調節ができるものを上手に活用しましょう。

カラダを温める食事・飲み物をとる

生姜や発酵食品、土の中で育つ野菜など、カラダを温めるとされる食品や飲み物を意識的に摂取して、カラダのなかから冷えを撃退するのもおすすめです。

漢方薬を活用

水毒は正式な病名ではなく東洋医学の概念であり、漢方薬を活用するのもおすすめです。気になる症状などをメモしておき、日本東洋医学会が認定する漢方専門医に相談してみましょう。水毒の改善につながる漢方薬を処方してもらえるはずです。

水毒の症状に当てはまるという人には、ぜひ上記の内容を参考に、生活習慣の改善を試みてはいかがでしょうか。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カラダファクトリーの
こだわり

カラダファクトリー独自のA.P.バランス®理論に基づいた独自の技術

顧客満足度97.96%(※)のカラダファクトリー独自のA.P.バランス®理論で首(第一頸椎)と骨盤のバランスを本来あるべき理想的な形に戻します。短時間で信頼感のある技術です。

お客様の健康を考えた親切丁寧なカウンセリング

カラダファクトリーでは、丁寧なカウンセリングで根本原因を探り、重点的にケアする箇所を導き出します。自律神経にアプローチし、痛みの自覚症状が出にくい身体作りのきっかけを熟練技術でサポートいたします。


※自社調べ。(カラダファクトリーおよびファミリーサロンにおいて、2014年2月6日~2月16日、3回以上施術を受けたお客様2,699人に、施術後の店頭アンケートにて実施。)

カラダファクトリーについて

初めてのご利用の方へ。カラダファクトリーの特長とこだわりをご紹介

お気に入り店舗

    店舗ページから、「お気に入り店舗に追加する」ボタンを押してご登録いただくと、次回からのご予約などがスムーズに行えるようになります。

    お気に入り店舗は3件まで登録できます。
    1件目が消されますが、
    お気に入り店舗を登録しますか?

    最近ご覧になった店舗