整体・骨盤ジャーナル

つらい手のむくみ! その原因と解消法とは?

つらい手のむくみ! その原因と解消法とは?

手がむくむと、指輪が抜けなくなったり、指を動かすのに違和感があり力が入りにくくなるなどの兆候が現れます。手のむくみは、足や顔のむくみと同様に、体質や生活習慣の影響が大きいと言われていますが、肝臓や腎臓の病気により起きるむくみもあるため注意が必要です。ここでは、むくみの原因と解消法について説明します。

 

手がむくむ原因

手がむくんでしまう原因としては以下のようなことが考えられると言われています。

アルコールの摂りすぎ

アルコールを摂取すると、血液中のアルコール濃度が高まり血管が膨張します。すると、血管壁にある小さな隙間から水分が浸み出しむくみを引き起こすのです。また、血液中のアルコール濃度を下げようと水分を溜め込むのも要因の一つです。

塩分の摂りすぎ

カラダには、内臓の機能を維持するために塩分の量を一定に保つ働きがあります。塩分を摂りすぎると、体内に水分を溜めて塩分の濃度を下げようとするため、むくみが生じることがあります。

栄養不足

タンパク質(アルブミン)が不足すると、体内に蓄積された老廃物を排出しようとする働きが弱まり、むくみが起きやすくなります。また、食物繊維の不足により便秘がちになると、むくみが助長される可能性があります。

運動不足

心臓から手足の末端に送られた血液や老廃物は、筋肉の力によって循環されます。運動不足により筋肉量が少なくなると、それらを押し流す力が不足し、むくみが起きやすくなります。

長時間同じ姿勢でいること

長時間立ちっぱなしで過ごしたり、同じ姿勢でデスクワークを続けると、重力により血液が手足の末端に溜まりやすくなります。さらに動かずにいると、血液を心臓に戻す働きが起こらず徐々にむくみが進んでいきます。

冷え

カラダが冷えると血管が収縮するとともに血液の循環が滞りがちになります。栄養の運搬や老廃物を排出する作用も弱くなるため、むくみを引き起こしやすい状態と言えます。

睡眠過多

睡眠時間が長くなりすぎると、カラダを動かさない時間が増えます。すると、筋力の力なしには血流を確保しにくい手足にリンパ液や老廃物が溜まりむくみが生じます。

スマートフォンの使い過ぎ

スマートフォンの使い過ぎにより、肩こり、眼精疲労が進むと、全身の血流が低下しむくみを引き起こしやすくなります。

自律神経の乱れ

ストレスや過労により自律神経機能のバランスが崩れると、体温調節機能や代謝機能、内臓機能の働きが低下し、血行不良を引き起こします。その結果、体内に老廃物が蓄積されやすくなりむくみにつながります。  

手がむくむのは病気の可能性もある

内臓の疾患により、手がむくむケースも少なくありません。また、薬の副作用によりむくみが発症する場合もあるため、不安な症状が現れたら医師の診察を受けましょう。

ネフローゼ症候群

ネフローゼ症候群は、腎臓を構成する糸球体の異常により発症する疾患です。糸球体では、腎臓に集められた血液のうち水分や老廃物をろ過して尿を生成していますが、本来ろ過されることのないタンパク質までが尿中に漏れ、低タンパク状態を引き起こします。すると、血管内で水分を保持する機能が低下し、血管内の水分が血管の外へ移動する結果、全身にむくみが生じてしまうのです。

肝硬変

肝硬変は、肝臓の慢性的な炎症により、肝臓の細胞が繊維化するとともに、肝臓が硬く小さな状態になる疾患です。肝臓の機能が低下するとタンパク質の合成力が低下し、血管内での水分保持が困難となります。肝硬変によるむくみは、肝硬変の代表的な症状と言われていますが、症状が現れた時には非常に危険な状態であることも少なくありません。  

手のむくみを解消する方法

手のむくみは以下の方法で緩和していきましょう。

水を飲む

体内に水分が過剰に溜まった状態だからといって、水分摂取を控えるのは逆効果です。体内では、水分量の不足を察知すると水分を外へ逃さないよう働くため、むくみを助長してしまいます。そのため、むくみを解消するには、こまめに水分を補給する必要があります。

適度な運動をする

むくみを解消するには、血管・リンパ管の循環をスムーズにすることが大切です。その要となる筋肉を刺激し、老廃物を効率よく排出できるように促しましょう。ウォーキングや軽いスポーツなども効果的ですが、筋肉の柔軟性を高めるストレッチもおすすめです。  

手のむくみのストレッチ

長時間に及ぶデスクワークなど、手を酷使する作業が続いた後は、手指を動かす筋肉が硬く緊張しがちです。筋肉を伸ばし、柔らかくすることで周辺の血流を促してくれるので、手首、肘、肩など、手指に続く大きな関節もセットで行うと和らぐことがあります。

手のむくみのストレッチ

1.逆手で四つんばいになり、肩の下に両腕を真っ直ぐに伸ばします。脚は腰幅ほどひらき、お腹に力を入れ背中を真っ直ぐにして30秒ほどキープします。

手のむくみのマッサージ

手のマッサージは、リンパ液の循環改善や老廃物の排出を促します。入浴後など、カラダが温まっている時に行うと、血管が拡張しているため循環をスムーズにしやすくなります。手の先端から心臓に向けて、老廃物を流すイメージで行いましょう。

手のむくみのマッサージ

1.手の親指と人差し指の間のくぼみ「合谷(ごうこく)」もう片方の手の親指で10秒間押さえます。 ふだん手にむくみを感じていなくても、知らず知らずのうちに老廃物が溜まりやすくなっている可能性があります。むくみは、そのまま放っておくと、慢性化する恐れがあるので、いつまでも細くしなやかな手指を保つためにも、手に重さやだるさを感じたら、上に紹介した内容を参考に、むくみを予防・解消していきましょう。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カラダファクトリーの
こだわり

カラダファクトリー独自のA.P.バランス®理論に基づいた独自の技術

顧客満足度97.96%(※)のカラダファクトリー独自のA.P.バランス®理論で首(第一頸椎)と骨盤のバランスを本来あるべき理想的な形に戻します。短時間で信頼感のある技術です。

お客様の健康を考えた親切丁寧なカウンセリング

カラダファクトリーでは、丁寧なカウンセリングで根本原因を探り、重点的にケアする箇所を導き出します。自律神経にアプローチし、痛みの自覚症状が出にくい身体作りのきっかけを熟練技術でサポートいたします。


※自社調べ。(カラダファクトリーおよびファミリーサロンにおいて、2014年2月6日~2月16日、3回以上施術を受けたお客様2,699人に、施術後の店頭アンケートにて実施。)

カラダファクトリーについて

初めてのご利用の方へ。カラダファクトリーの特長とこだわりをご紹介

お気に入り店舗

    店舗ページから、「お気に入り店舗に追加する」ボタンを押してご登録いただくと、次回からのご予約などがスムーズに行えるようになります。

    お気に入り店舗は3件まで登録できます。
    1件目が消されますが、
    お気に入り店舗を登録しますか?

    最近ご覧になった店舗