整体・骨盤ジャーナル

眼精疲労が緊張型頭痛を招く理由と対処法

眼精疲労が緊張型頭痛を招く理由と対処法
最近、どうもよく頭痛に悩まされるという人は、もしかしたら「目」に原因があるかもしれません。普段、パソコンやスマホを長時間使っていないか考えてみてください。またはメガネやコンタクトレンズの度数が合っていない可能性もあります。緊張型頭痛と呼ばれる頭痛は、こうした目の酷使による眼精疲労が原因となっていることがあります。その理由と対処方法を解説します。

 

眼精疲労が原因で起こる緊張型頭痛とは?

緊張型頭痛は身体的・精神的なストレスが重なることで引き起こされる、最も多くの人が経験するタイプの頭痛です。後頭部から頭頂にかけて締めつけられるような鈍痛があることが多く、日常生活に支障をきたすほど重症ではないのが一般的ですが、同じような痛みが毎日のように起こるようケースもよく見られます。

原因とされる身体的・精神的なストレスとは、たとえば長時間のデスクワーク、車の運転、カラダの冷え、職場やプライベートでのトラブルなどが挙げられます。

それに加え、パソコンやスマートフォンの普及に伴い増えてきているのが、眼精疲労が引き金となって生じる緊張型頭痛です。

眼球の中には、毛様体筋という筋肉があります。毛様体筋は、レンズの役割を果たす水晶体を支えており、伸び縮みすることでピント調節をしています。しかし、目を酷使し続けると毛様体筋が疲れ、そのせいで毛様体筋をコントロールしている自律神経のバランスも崩れて、頭痛や首・肩のこりなどが生じると言われています。

 

眼精疲労の原因

では、眼精疲労になるのはなぜなのでしょうか。現代社会には目を疲れさせる要因が数多く存在し、原因は一つとは限りません。主なものを見てみましょう。

パソコンのモニターを長時間見続ける

パソコン作業でずっと近くを見続けていると毛様体筋が緊張している状態が続き、こわばっていきます。まばたきの回数も減って、目は乾燥しやすい状況にさらされます。またモニターの発するブルーライトが網膜まで到達して目にダメージを与えることも知られています。こうして、毎日のようにパソコンを使用する環境下では目の疲労が蓄積されていきます。

スマホの使い過ぎ

スマホの使い過ぎも長時間のパソコン作業と似た状況を作り出します。そればかりか、スマホを見るときは前傾姿勢になることが多く、画面も小さいことからパソコン作業以上に目を疲れさせる可能性があります。近年、パソコン、スマホ、テレビなどの画面を見ることによって生じるカラダの不調はVDT(Visual Display Terminal)症候群と呼ばれて問題視されています。

メガネやコンタクトレンズが視力に合っていない

メガネやコンタクトを使用している場合、徐々に視力の低下が進んで、度数が合わなくなることがあります。度数の合っていないものを使い続けると、ピント調整が難しくなり目が疲れてしまいます。または近視や乱視になっているのにメガネなどを使用せず、裸眼で過ごすのも眼精疲労を招く可能性があります。

栄養不足

無理なダイエットや食生活の乱れで十分な栄養が摂れていないと、目が疲れていても回復させるためのエネルギーが作り出せません。このことも眼精疲労を進行させると考えられます。

睡眠不足

睡眠は目の健康回復のためにとても重要です。目が完全に休めるのは睡眠中しかなく、その時間が少なくなれば回復もおぼつかなくなってしまいます。

精神的なストレス

職場やプライベートでの問題などによるストレスで、自律神経の働きが低下することがあります。それにより、毛様体筋の働きが弱り、眼精疲労の症状を引き起こす可能性があります。ストレスはそれ以外にもさまざまなカラダや心の不調をもたらすため、そのことが目の疲労を招くとも考えられます。

老眼

加齢によって老眼が進むと、近視や乱視でメガネをかけている人でも小さな文字や近くものものが見えづらくなってきます。そのため目の焦点を合わせるための毛様体筋の働きが悪くなって目が疲れる原因となります。

 

眼精疲労が招く緊張型頭痛は眼精疲労対策から始めよう

眼精疲労が原因として生じる緊張型頭痛をやわらげるために、まずは目のケアから始めてみてはいかがでしょうか。目に負担をかけるような生活習慣を改め、目をいたわることが、緊張型頭痛を未然に防ぐことにつながる可能性があります。

視力に合ったメガネやコンタクトレンズをする

メガネ、コンタクトレンズを使っている人は、きちんと視力に合っているかどうかを確かめましょう。数年間同じ度数のものを使っていて、最近、見えづらくなってきたと感じている人は特に要チェックです。

ブルーライトカットメガネの着用

パソコンやスマホを使う機会が多い人は、ブルーライトをカットするメガネを使用すると目の疲れが緩和される可能性があります。

暗いところで作業をしない

暗い場所は、十分に照明が当たっている環境下よりもピントが合いづらいため、目を疲れさせる要因となります。暗い場所での作業は避けるようにしましょう。

まばたきをする

パソコンやスマホを使用中にまばたきが減ることは多くのデータで実証されています。意識的にまばたきをして、目を休ませてください。

モニターや画面を長い時間見続けない

パソコンのモニターやスマホの画面は長時間見続けないように心掛けましょう。20~30分に1回はモニターの前から離れるなどして、目をリフレッシュさせてください。

栄養をとる

ビタミンA、ビタミンB群、DHA、ルティン、アントシアニンなど目に良いとされる栄養素はたくさんあります。これらをバランスよく摂取しましょう。

睡眠をとる

睡眠はとくに重要です。規則正しい生活リズムを守りながら睡眠時間を確保してください。眠る前のスマホなどは自律神経のバランスが乱れ、良質な睡眠がとれなくなるので注意しましょう。

目の周りをマッサージする

疲れ目に良いとされるマッサージ方法も覚えておきましょう。パソコン作業に疲れたときや入浴時などのリラックスタイムに目の周囲のツボを刺激してみてください。

首肩のストレッチをする

首と肩のストレッチをして血行を良くするのも疲れ目が楽になる効果が期待できます。パソコン作業中、一定時間ごとにストレッチをしてリフレッシュするのも良いでしょう。

 

眼精疲労が招く緊張型頭痛のマッサージ

最後に、眼精疲労からくる緊張型頭痛に良いマッサージを紹介します。

眼精疲労に良いマッサージ.1

1.耳の後ろあたりの首と頭蓋骨の境目に親指を当てます。

首と頭の境目のストレッチをする女性

2.親指を視点に顔を斜め上にあげます。

首と頭の境目のストレッチ

3.反対の手をおでこあたりにおき、親指に向かって押し込みます。

4.逆側も同様に行いましょう。

眼精疲労に良いマッサージ.2

1.親指を耳の後ろに置き、親指以外の指(人差し指~小指)を耳の上辺りに置いて、耳を覆います。

頭部の筋肉ストレッチをする女性

2.当てた指をその場で円を描くようにゆっくり押し回す。これを15~20秒キープします。

頭部の筋肉ストレッチをする女性


日常的な頭痛に悩まされているという人は、眼精疲労が原因になっているかもしれません。目をいたわる生活習慣を身につけましょう。ただし、眼精疲労も頭痛も、背後に何らかの疾患が隠れているケースがあります。症状が長く続いている場合は病院に足を運び、必ず医師の診察を受けてください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カラダファクトリーの
こだわり

カラダファクトリー独自のA.P.バランス®理論に基づいた独自の技術

顧客満足度97.96%(※)のカラダファクトリー独自のA.P.バランス®理論で首(第一頸椎)と骨盤のバランスを本来あるべき理想的な形に戻します。短時間で信頼感のある技術です。

お客様の健康を考えた親切丁寧なカウンセリング

カラダファクトリーでは、丁寧なカウンセリングで根本原因を探り、重点的にケアする箇所を導き出します。自律神経にアプローチし、痛みの自覚症状が出にくい身体作りのきっかけを熟練技術でサポートいたします。


※自社調べ。(カラダファクトリーおよびファミリーサロンにおいて、2014年2月6日~2月16日、3回以上施術を受けたお客様2,699人に、施術後の店頭アンケートにて実施。)

カラダファクトリーについて

初めてのご利用の方へ。カラダファクトリーの特長とこだわりをご紹介

お気に入り店舗

    店舗ページから、「お気に入り店舗に追加する」ボタンを押してご登録いただくと、次回からのご予約などがスムーズに行えるようになります。

    お気に入り店舗は3件まで登録できます。
    1件目が消されますが、
    お気に入り店舗を登録しますか?

    最近ご覧になった店舗