整体・骨盤ジャーナル

産後の骨盤矯正はどの時期に行うべき?

産後の骨盤矯正はどの時期に行うべき?

出産後に骨盤矯正を行う場合、最適な時期というのはあるのでしょうか。骨盤を矯正するためにはいつ頃から、どんなことを行っていけば良いのでしょう。ここでは、出産前に知っておきたい、産後の骨盤矯正のタイミングについて解説します。

産後に骨盤矯正を行うメリット

女性の骨盤が最大に開くのは、いうまでもなく分娩時です。その後、数カ月をかけて骨盤は左右交互に少しずつ閉じていきますが、骨盤矯正とはこの骨盤が戻る動きを正しい向きと位置へと誘導するためのものです。つまり、骨盤矯正は骨盤の自然な動きをサポートするための方法というわけです。

しかし実はそれだけではなく、産後の骨盤矯正には次のようなメリットもあります。実は出産後のこの時期は、骨盤を支えている靭帯が柔らかくゆるみ、骨盤が矯正しやすい状態になっているため、むしろ妊娠前よりも歪みの少ない状態に矯正できるチャンスでもあります。きれいなボディラインを取り戻すことはもちろん、上手に骨盤矯正を行えば、以前よりも骨盤の状態を改善させることも可能です。そうなれば、以前よりも太りづらい体質に変わったり、腰痛や肩こりの解消につながったりすることもあり得るわけです。

産後に骨盤の歪みを矯正しないリスク

では、産後に骨盤矯正をしないまま放置することには、何か問題があるのでしょうか? 基本的に、何もせずそのままにしておいたとしても、出産で開いた骨盤は自然に閉じていきます。ただ、骨盤に対するケアを全くしないでいると、骨盤は完全には元の状態に戻れず、ゆるんだままの位置でとどまってしまう恐れがあります。普段あまり運動などをせず、筋肉量が少ない人ほど、この傾向は高くなるとも言われます。

結果、よく見られるのが、胃や腸などの内臓がゆるんだ骨盤の中に下垂して、下腹部がぽっこりと出てしまうケースです。ほかにもお尻や太ももが大きくなったり、くびれがなくなったままになり、そのまま太りやすい体質になることはよくあります。また、骨盤の歪みからくる冷え性、姿勢の悪化、生理不順、便秘、腰痛といったリスクが高くなることも無視できません。

産後に骨盤矯正を行う時期について

産後に骨盤矯正を行うとしたら、時期は産後2~6カ月が適しています。産後すぐから1カ月程度は、出産によるダメージが母体に残っています。この時期は、ゆっくりとカラダを休めることを考えましょう。1カ月検診が終わり、何も問題がなければ、その後しばらくして骨盤矯正をはじめると良いでしょう。

ただ、6カ月以降になったとしても、骨盤矯正による効果がなくなるわけではありません。それでも、産後の骨盤矯正のメリットを最大限に活かすなら、骨盤がゆるくなっている時期を見計らって行う方が効率的です。できるだけこの時期を逃さないようにしたいところです。

なお、産後の骨盤矯正は自分自身で行うことも不可能ではありません。しかし、安全かつ確実に骨盤をケアしたいと考えるなら、しっかりと時期を見計らって、プロの施術を受けることを検討してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カラダファクトリーの
こだわり

カラダファクトリー独自のA.P.バランス®理論に基づいた独自の技術

顧客満足度97.96%(※)のカラダファクトリー独自のA.P.バランス®理論で首(第一頸椎)と骨盤のバランスを本来あるべき理想的な形に戻します。短時間で信頼感のある技術です。

お客様の健康を考えた親切丁寧なカウンセリング

カラダファクトリーでは、丁寧なカウンセリングで根本原因を探り、重点的にケアする箇所を導き出します。自律神経にアプローチし、痛みの自覚症状が出にくい身体作りのきっかけを熟練技術でサポートいたします。


※自社調べ。(カラダファクトリーおよびファミリーサロンにおいて、2014年2月6日~2月16日、3回以上施術を受けたお客様2,699人に、施術後の店頭アンケートにて実施。)

カラダファクトリーについて

初めてのご利用の方へ。カラダファクトリーの特長とこだわりをご紹介

お気に入り店舗

ご紹介が便利に! webから簡単登録♪
ご家族やご友人、周りの大切な方でカラダがつらい、お悩みを抱えている方はいませんか。
カラダファクトリーではお客さまのご紹介の輪を大切にしており、周りの大切な方のお身体をサポートさせていただきます。
詳しくはコチラ⇒

    お気に入り店舗は3件まで登録できます。
    1件目が消されますが、
    お気に入り店舗を登録しますか?

    最近ご覧になった店舗