整体・骨盤ジャーナル

TVやスマホ視聴・PC作業の続く方へ 「首・肩のつらさ」をセルフケアする方法

TVやスマホ視聴・PC作業の続く方へ 「首・肩のつらさ」をセルフケアする方法
PCやスマホ、デスクワークが続いて首・肩のつらさが続く方に、 おすすめのアクティブストレッチをご紹介します。 肩・首・肩甲骨まわりの筋肉・関節を温め、可動域を広げていきます。 PC作業、TVやスマホ作業が続いた時や運動不足を感じたときはこのアクティブストレッチを行い、リフレッシュしましょう。
■こちらは動画でもご覧いただけます https://youtu.be/y0i3m1MxKl8

アクティブストレッチとは…

筋肉をアクティブに動かし体温を上げていくストレッチです。 また、関節の可動域を広げ、動きを滑らかにしていきます。 運動不足の方や、運動前のウォームアップに最適です。

ストレッチを行うタイミング

同じ姿勢が続いた後、これから活動(運動)する前が良いです。 カラダがアクティブになるのでリラックスしたい時や就寝前は避けてください。

TVやスマホ視聴・PC作業の続く方へ 「首・肩のつらさ」をセルフケアするアクティブストレッチ

みなさんこんにちは 整体×骨盤 カラダファクトリー 整体師の大貫隆博です。

最近、自宅でお仕事をされていたり、朝から晩までゲームやTVを見ている方は多いと思います。 そんな日々を繰り返している方も多いのではないでしょうか。 そんな方にアクティブストレッチをご紹介します。 今日行うのは、首と肩の連動です。 アクティブストレッチとは、一つの部位をじわっと伸ばすストレッチではなく動かしながら体を開放していくストレッチです。

まず両手を耳元に置いてください。後ろで組む必要はないです。 耳元に置いたら、わきをしめます。そのままお臍を覗き込むようにずっと背中を丸めていきます。

そして天井を向きながら、胸を開くように広げていきます。 わきを閉じながらお臍を見る、広げながら天井をみる、これを繰り返していきます。 だいたい20回、この動作を行ってください。


次に肩です。 両手を肩に置いていただいてわきをしめます。 ここから、頭のてっぺんから大きく回すように動かしていきます。 前から後ろに約10回。 そのあとは後ろから前に。約10回。 より大きくダイナミックに動かせる範囲で動かしてみてください。

アクティブストレッチは、大きくカラダを使って関節の可動域を広げていきます。 運動不足の方にももってこいのストレッチですので、ぜひお試しください。

■こちらは動画でもご覧いただけます https://youtu.be/y0i3m1MxKl8

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カラダファクトリーの
こだわり

カラダファクトリー独自のA.P.バランス®理論に基づいた独自の技術

顧客満足度97.96%(※)のカラダファクトリー独自のA.P.バランス®理論で首(第一頸椎)と骨盤のバランスを本来あるべき理想的な形に戻します。短時間で信頼感のある技術です。

お客様の健康を考えた親切丁寧なカウンセリング

カラダファクトリーでは、丁寧なカウンセリングで根本原因を探り、重点的にケアする箇所を導き出します。自律神経にアプローチし、痛みの自覚症状が出にくい身体作りのきっかけを熟練技術でサポートいたします。


※自社調べ。(カラダファクトリーおよびファミリーサロンにおいて、2014年2月6日~2月16日、3回以上施術を受けたお客様2,699人に、施術後の店頭アンケートにて実施。)

カラダファクトリーについて

初めてのご利用の方へ。カラダファクトリーの特長とこだわりをご紹介

お気に入り店舗

ご紹介が便利に! webから簡単登録♪
ご家族やご友人、周りの大切な方でカラダがつらい、お悩みを抱えている方はいませんか。
カラダファクトリーではお客さまのご紹介の輪を大切にしており、周りの大切な方のお身体をサポートさせていただきます。
詳しくはコチラ⇒

    お気に入り店舗は3件まで登録できます。
    1件目が消されますが、
    お気に入り店舗を登録しますか?

    最近ご覧になった店舗