整体・骨盤ジャーナル

ぽっこりお腹の原因のひとつ! 内臓下垂の改善方法

ぽっこりお腹の原因のひとつ! 内臓下垂の改善方法
体型に関する悩みで多い「ぽっこりお腹」ですが、お腹が出ているからと言って必ずしも肥満が原因というわけではないということをご存知ですか? 「ダイエットをして体重は落ちたのにお腹のぽっこりがなくならない」、「上半身は痩せているのにお腹だけが出ている」という方は、「内臓下垂(ないぞうかすい)」が原因かもしれません。そこで今回は、ぽっこりお腹の原因のひとつとして考えられる「内臓下垂」とは何か、改善方法と併せて詳しく解説していきます。  

内臓下垂とは? チェック方法も解説

「内臓下垂」というのは、胃や腸などの内臓が本来あるべき位置よりも下がってしまう状態のことで、内臓下垂の中でも特に胃が下がっていることは「胃下垂」、腸が下がっていることは「腸下垂」と呼ばれています。下に落ち込んだ内臓は、最終的に骨盤に引っかかって止まりますが、そのままの状態では内臓は消化吸収など本来の働きを正常に行うことができません。その結果、便やガスが溜まってしまい下腹がぽっこりと出てしまうこともあるのです。 上半身や腕などは痩せているのにお腹だけが出ていたり、お腹のぽっこりが気になったりという方は以下のポイントを参考にセルフチェックをしてみましょう。内臓下垂は自分で判断をするのは難しい部分もありますので、気になる場合には医師や背術師に相談することもおすすめです。

寛骨におへそがかかっているか

上半身と下半身の境には「寛骨(かんこつ)」と呼ばれる骨が左右両方にあります。この骨は、仙骨と腸骨、そして恥骨の3つから構成されていますが、この範囲内におへそがある場合は内臓下垂の可能性が考えられます。

お腹のふくらみの頂点がおへそ下にあるかどうか

お腹のふくらみのうち最も前に出ている部分がおへその下にある場合もまた、内臓下垂の可能性が考えられます。  

内臓下垂を招く原因

では、内臓下垂はどのようなことが原因で起こるのでしょうか。主な原因を詳しくみていきましょう。

 腹筋や骨盤底筋の筋力低下

腹筋や骨盤底筋といった胴体にある筋肉には、内臓を支える役割があります。加齢などによってこの筋肉が低下してしまうことで、内臓下垂を招いてしまうことも。立っている時に猫背になってしまったり、背もたれがないと姿勢良く座っているのがつらかったりしたら、内臓を支える筋力が低下しているサインです。

骨盤の歪み

筋力が低下して姿勢が悪い状態が続くと、結果的に骨盤が歪んだり開いたりしてしまい、内臓を支えることができなくなってしまいます。鏡で自分のカラダを見た時に左右の肩の高さが揃っていない場合には骨盤が歪んでいる可能性も。歪みを改善するストレッチなどを取り入れてみるのがおすすめです。  

内臓下垂が招くこと

内臓下垂になると下腹がぽっこり出てしまって気になるというだけでなく、それ以外にもさまざまなトラブルが現れることもあります。内臓下垂が招くそのほかの症状について詳しく見ていきましょう。

冷え

内臓が下がることで内臓同士が圧迫し合い、血流やリンパの流れが悪くなってしまうことで、冷えを引き起こすことがあります。

基礎代謝の低下

内臓下垂による冷え、内臓の機能の低下によって、基礎代謝も低下してしまう可能性があります。基礎代謝が下がるということは、痩せにくいカラダになるということでもあります。

便秘

下に落ち込んでしまった内臓によって腸が圧迫されてしまうことで、腸の働きが鈍くなって便秘になってしまうこともあります。

生理痛が悪化

下に落ち込んでしまった内臓は、腸だけでなく子宮や卵巣も圧迫してしまいます。その結果、生理痛の悪化につながってしまう可能性もあります。

腹部の違和感

内臓によって腸が圧迫されることでお腹の中にガスが溜まってしまい、膨満感などの違和感を生じることもあります。  

 内臓下垂を改善する方法

ぽっこりお腹はコーディネート次第である程度カバーすることも可能ですが、内臓下垂は見た目だけの問題ではなく、さまざまな健康トラブルを招く可能性もあるので、きちんと改善しておくのが理想的です。では、どのようにしたら内臓下垂を改善することができるのでしょうか。 上でも述べた通り、内臓下垂というのは内臓が本来の位置よりも下に落ち込んでしまった状態ですから、それを改善するには下がった内臓を元の位置に戻せば良いわけです。その効果的な方法のひとつが、内臓を支えるインナーマッスルを鍛えること。ここでは、内臓下垂を改善するおすすめのストレッチ、トレーニング方法を詳しく解説していきます。

内臓下垂のストレッチ

1.立った状態で両手を前側股関節付近に置き、背中を伸ばし軽くお尻を締めます。 2.おへそを上方へ引き上げるイメージで、お腹を伸ばすように顎を引きながら後屈します。
※腰を反らせるより、お腹を伸ばすイメージで行います

内臓下垂のストレッチ

1.椅子に座って足を揃えます。 2.足を少し浮かして、その状態を出来るだけキープします。 3.疲れたら足を下ろし、また繰り返し行ないます。  

内臓下垂のトレーニング

1.仰向けで膝を90度に曲げ、反対の足首を大腿部にのせます。 2.脚の間に手を通し90度に曲げている方の脚裏を両手で手前に引き上げ30秒キープ。足首を乗せた方のお尻に効果的です。反対側も同様に行ってください。 内臓下垂は下腹がぽっこりと出てしまうだけでなく、実際にお腹周りの脂肪がつきやすくなってしまったり、消化不良になったりさまざまなトラブルを招く原因になってしまうこともあります。上記の内容を参考にして、内臓下垂の改善をしていきましょう。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カラダファクトリーの
こだわり

カラダファクトリー独自のA.P.バランス®理論に基づいた独自の技術

顧客満足度97.96%(※)のカラダファクトリー独自のA.P.バランス®理論で首(第一頸椎)と骨盤のバランスを本来あるべき理想的な形に戻します。短時間で信頼感のある技術です。

お客様の健康を考えた親切丁寧なカウンセリング

カラダファクトリーでは、丁寧なカウンセリングで根本原因を探り、重点的にケアする箇所を導き出します。自律神経にアプローチし、痛みの自覚症状が出にくい身体作りのきっかけを熟練技術でサポートいたします。


※自社調べ。(カラダファクトリーおよびファミリーサロンにおいて、2014年2月6日~2月16日、3回以上施術を受けたお客様2,699人に、施術後の店頭アンケートにて実施。)

カラダファクトリーについて

初めてのご利用の方へ。カラダファクトリーの特長とこだわりをご紹介

お気に入り店舗

    店舗ページから、「お気に入り店舗に追加する」ボタンを押してご登録いただくと、次回からのご予約などがスムーズに行えるようになります。

    お気に入り店舗は3件まで登録できます。
    1件目が消されますが、
    お気に入り店舗を登録しますか?

    最近ご覧になった店舗