整体・骨盤ジャーナル

スポーツトレーナー直伝!【おうちトレーニング】運動不足ケア

スポーツトレーナー直伝!【おうちトレーニング】運動不足ケア


みなさんこんにちは。
整体×骨盤カラダファクトリー整体師の大貫隆博です。

今回ご紹介するのは「トレーニング」です。
アクティブ・ストレッチ、リラックス・ストレッチ、自分カラダメンテナンスなど
様々な身体のケア方法をご紹介してきましたが、今回は「トレーニング」です。

※トレーニングは、いきなりカラダを動かすのではなく
アクティブストレッチなどで準備運動を行ってからやるようにしてください。

カラダファクトリーの中でアスリートサポートを専門にしている
スポーツトレーナーのチームがあるのですが、
その中で特にキャリアのあるスポーツトレーナーの池田香さんにご紹介いただきます。
■おうちトレーニング(全4回)
【1】運動不足ケア ※本編
【2】ボディライン
【3】骨盤トレーニング
【4】体幹トレーニング

池田さん、よろしくお願い致します!


カラダファクトリーの池田香です。
普段はスポーツトレーナーとしてサッカーチームや体操選手のトレーニングやケアを行っています。

今日はお家で出来る「運動不足ケア」トレーニングをみなさんにご紹介いたします。



では、お尻と太腿裏のトレーニングをやっていきましょう。
まずあおむけに寝ます。
この状態で、膝を90度くらいに曲げます。
ここからお尻を天井のほうにあげていきます。これを10回ほど行います。


次に、体幹のトレーニングを行っていきます。
四つん這いになります。 手は肩の下に来る位置、腰(骨盤)の下に膝が来るように、ま四角になるようにしてください。 この時にお腹が落ちたり、背中が丸まらないように真っ直ぐにしましょう。
この状態から肩手・片足を上げていきます。
右脚を上げたら、左手を上げます。体幹と一直線になるようにします。
これを左右30秒ずつ行いましょう。

では、反対側をいきます。 左脚を上げたら、右手を上げます。体幹と一直線になるようにします。
ふらふらしてきたら、お腹に力をいれて、30秒キープしましょう。


次に、胸(大胸筋)と腕のトレーニングを行っていきます。
壁に向かってまっすぐ立ちます。
この状態で壁に手をつきます。肩幅より少し広いくらいにつきましょう。
壁に向かって倒れていきます。
戻るときは、壁を押すようにして胸と腕の筋肉を使って戻っていきます。
このときに背中が丸まったり、腰が反ったりしないように腹筋には常に力を入れていてください。
これを10回行いましょう。

以上、運動不足ケアのトレーニングでした。 みなさん是非お試しください。

こちらは動画でもご覧いただけます
https://youtu.be/L2teX_7owyc


■おうちトレーニングとは...

自粛生活が続き、最も多いお悩みのひとつが「運動不足」
ご自宅で無理なくできるトレーニングで
筋力を維持していきましょう。
※いきなりカラダを動かすのではなく
アクティブストレッチなどで準備運動を行ってからやるようにしてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カラダファクトリーの
こだわり

カラダファクトリー独自のA.P.バランス®理論に基づいた独自の技術

顧客満足度97.96%(※)のカラダファクトリー独自のA.P.バランス®理論で首(第一頸椎)と骨盤のバランスを本来あるべき理想的な形に戻します。短時間で信頼感のある技術です。

お客様の健康を考えた親切丁寧なカウンセリング

カラダファクトリーでは、丁寧なカウンセリングで根本原因を探り、重点的にケアする箇所を導き出します。自律神経にアプローチし、痛みの自覚症状が出にくい身体作りのきっかけを熟練技術でサポートいたします。


※自社調べ。(カラダファクトリーおよびファミリーサロンにおいて、2014年2月6日~2月16日、3回以上施術を受けたお客様2,699人に、施術後の店頭アンケートにて実施。)

カラダファクトリーについて

初めてのご利用の方へ。カラダファクトリーの特長とこだわりをご紹介

お気に入り店舗

ご紹介が便利に! webから簡単登録♪
ご家族やご友人、周りの大切な方でカラダがつらい、お悩みを抱えている方はいませんか。
カラダファクトリーではお客さまのご紹介の輪を大切にしており、周りの大切な方のお身体をサポートさせていただきます。
詳しくはコチラ⇒

    お気に入り店舗は3件まで登録できます。
    1件目が消されますが、
    お気に入り店舗を登録しますか?

    最近ご覧になった店舗